こんな試合もあるさ・・・(^。^) 全米本戦デビュー戦は完敗




全米オープン1回戦終了後、記事のアップが随分遅くなってしまいましたが、敗戦ショックにうちひしがれて何も書く気分になれなかったのではなく、ライブスコアを自宅で見ておらず、今日はそのまま仕事に行っていたので、単純に更新することができませんでした。

初の全米本戦1回戦 vs ケビン・アンダーソン(34位/南アフリカ)は、ご存知の通り、1-6 3-6 0-6 と、完敗に終わりました。



3セットで7度もブレイクを許してしまいましたが、それ以上にスコア以上の完敗ぶりを象徴するのが、そしてリターンゲームでのポイントの極端な少なさ。はじめの2セットで取れたリターンポイントはわずか3つで、時々上位選手に食らう大敗もここまでひどくはなく、もう悲惨としか言いようがありません。。
アンダーソンはサーブがいいという話を聞きますが、今季誰もが認めるノリノリ街道驀進中のジョコビッチ相手でも、ここまでひどくはないんじゃないかと思います。

試合を見られていないのであくまでも推測になりますが、添田くんにとっての一年で一度とかいうレベルの「救いようのないダメダメな試合」と、アンダーソンにとっての「何しても決まっちゃうキレキレの試合」が不幸にも見事にかみ合ってしまった結果ではないかという・・・。

WOWOWで今朝放送していた試合後のインタビューでも「今日に限って言えば何かがかみ合わなかった」と語っていました。



今大会でグランドスラム4大会全てで本戦入りを果たし、今年はローランギャロスから3大会連続。今度こそ本戦で勝利を!と意気込んでいたであろう気持ちを見事に打ち砕かれた格好になってしまいました。
今日はたまたまこういう結果になってしまったけど、このスコアがそのまま30位台選手との差だという風には私は思っていません。「1年何十大会にも出ていれば、たまにはこんな試合もあるさ」と逆にポジティブに捉えています。

それよりもむしろ、昨日先行して試合をしていた錦織圭選手、土居美咲選手、森田あゆみ選手が全員途中棄権という日本人選手には悪夢のような1日になってしまい、無事試合を終えてくれたという安堵もどこかあありました。

そして、スコアだけを見たら言い逃れのしようもない大敗ですが、第3セット0-4からのリターンゲーム。
完全に一方的な展開となっていたそれまでの状況から、もう負けは覚悟していましたが、このゲームでブレイクポイントこそ握れませんでしたが、30-40とゲームポイントを握られてからこの試合初めてデュースに追いつき、その度にアドバンテージを握られながらも4度それをしのぎ「このままでは終われない」という粘りを見ることができました。

もう少し早くそれができていれば・・・という思いもありますが、まぁ、今日はそれだけでも充分かな。

パパっと切り替えて、自分のテニスにまた磨きをかけていって欲しいし、ファンとしても前に進んでいこうと思います。



例年夏は長くアメリカの試合に出ていましたが、今年はスケジュールやカットの兼ね合いもあり、この全米のみ。
大会自体はまだ始まったばかりですが、負けてしまえば、今シーズンもいよいよ終盤に差し掛かってきます。

添田くんの今後のスケジュールは来週の上海チャレンジャーを皮切りに、デ杯、アジアシーズン、そしてジャパンオープン・・・。

日本にはテニスの秋が近づいています。



試合について余り詳しく伝えられないので、詳しい状況は分かりませんが、試合の内容について少しながらイメージできる記事が書かれているのが

>>JTA オフィシャルメールマガジン(webベースで読めます)

>>スマッシュブログ



この2つですかね。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million