今晩19時からウィンブルドン予選1回戦!




ウィンブルドン予選ドローが先ほど発表されました。
現地時間17日11:00(日本時間17日19:00)から予選がスタートします。


添田くんは予選第13シードと山のトップシードグループに入ることができ、少しは有利にラウンドを戦えるのではないかと思います。
添田くんが入った山のドローを確認しておきます。この8選手でひとつの枠をかけて戦うことになります。

試合は第1試合に入りました。つまり、19時から試合開始ということです。

Go Soeda (JPN) [13]
Nikola Mektic (258位/CRO)

Marton Fucsovics (250位/HUN)
Danai Udomchoke (241位/THA)

Rik De Voest (163位/RSA)
Boris Pashanski (187位/SRB)

Gianluca Naso (201位/ITA)
Marco Chiudinelli (153位/SUI) [30]


初戦の対戦相手はクロアチアのNikola Mektic(258位)になりました。

その下の2選手のどちらかが2回戦の対戦相手となり、その下の4選手のいずれかが予選決勝の対戦相手となります。
ウィンブルドンの予選のみ、予選決勝は5セットマッチとなります。
でも、今はまだ下の6人は見ないことにします。

まずは初戦を勝たなければ!!!


添田くんにとっては久しぶりのグランドスラム予選になりますが、余り肩の力を入れずに、今できることをとにかくやってくる!という気持ちで臨んで欲しいなぁと思います。

Mekticはこれまでフューチャーズで優勝11回/準優勝2回のキャリアがあり、いずれもクレーコート。今季も4月以降はクレーの大会にしか出ておらず、典型的なクレーコーターのようです。
今シーズン芝コートは初めてとなりますが、去年一昨年と1回ずつ出た芝大会それぞれ予選決勝まで残っており、経験が余りない割には苦手ということもないかもしれません。


同じく予選からは杉田選手(第18シード)、伊藤選手、守屋選手が出場します。
伊藤選手は現在大きくランクを落としてしまい、添田くんも含めてですが、今年のウィンブルドンはまだ予選が豪華になってしまいました。

4選手とも無事別々の山になったのがせめてもの救いですね。それぞれに絶対予選突破を目標に、熱くライブスコアを注視していきたいと思います。


>>予選ドロー(添田くんの名前があるページにリンクを貼っています)




この記事と関連した記事

コメント(2)

  1. 上り調子じゃないと目が向けられない、そうですね。応援するファンが苦しいというのも、そうなんだろうなあと思います。予選、どうにか勝ち抜いて欲しいとこですね。

    rymon

  2. 豪君はやっぱ芝ですよね!う~ん頑張って!

    豪君

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million