デビスカップ クロアチア戦を振り返って(1) ドディグ戦




デ杯クロアチア戦を3日間がっつり生観戦し、先ほど帰宅しました。

この間沢山の方がこの記事を見に来てくださったようですが、全く更新せずにどうもすみません。
自分自身が観戦と応援に全力投球し、体力的にもなかなか余裕がありませんでした・・・。

書きたいことはそれは沢山あるのですが、全部書いていてはアップできるのがいつになるか分からないので、要点を絞って書きたいと思います。


【スーパー添田豪が日本のテニスファンを魅了】

スーパー添田豪とは、今年のチェンナイで全貌が明らかになったこれまでとは一味も二味も違う超攻撃的で強い添田くんのことで、私が勝手にそう呼んでいるのですが、今回も見事にそれが炸裂し、観戦に来た多くの日本のテニスファンを魅了しました。
超攻撃的の秘密、それはなんといっても「メンタルの強さ」ではないかと思っています。

それが発揮されたのが初日のドディグ戦です。

ホークアイの不調という予期せぬ事態でイヤな流れになり第2セットを落としてしまい、後のなくなった第3セット、正直言うと、ここからの逆転勝利は難しいと思っていました。
都度理由は違えど、そういう風にガックリと肩を落として後にひきずり兼ねないような展開になった時、気持ちが切れてズルズルと負けていく試合を何度も見てきたからです。

でも、対戦相手と比べて明らかにテニスが劣っていた訳でもなく、まだ行けると思える要素があったのは各メディアに出ていたコメントの通りですが、後のなくなった第3セット、そこからしっかりと気持ちを切り替えて攻撃の姿勢をやめないどころかさらに強めていったのは本当に素晴らしく、2セットダウンでありながら観客も期待に満ちていたのはこのままでは負けないという添田くんの気迫を感じたからではないでしょうか。

私も第4セット後半、このセットを取れたら勝てると思っていました。

添田くんの売りはとにもかくにもストロークの正確性ですが、相手が強くなればなるほど、その精度を上げないと勝つことはできないでしょう。
でも、それを劣勢やピンチの中で貫くのは本当に難しいことです。でも、勇気を持ってそれを実行していました。
2セットダウンからの逆転勝利という劇的な展開も手伝って、ファイナルセットで会場から大きな「添田コール」が沸き起こったのは、その姿が観客を魅了したからだと思います。自分もそこに加わりながら、なんとも言えない感慨やら興奮やら色んなものが入り混ざっていました。


【スタミナ、フィジカルの向上】

今回、ドディグとはフルセットのロングマッチになりましたが、5セットマッチでの勝利はこれが2回目。2セットダウンからの逆転勝利は初めてです。
これまで4セット以上のロングマッチを14回経験していますが、これまで4セットを3勝7敗、5セットでは1勝3敗。ちなみに、5セットゲームは約4年振りで、4セットゲームも去年のウィンブルドン決勝以来7ヶ月以上ありません。
正直、圧倒的に経験が乏しく勝率も低いと言わざるを得ません。

テニス自体では負けていなくても勝つのは難しいだろうと思ったのは、上のこともあり、これだけの激しいラリー、運動量が5セット持つとは思えなかったからですが、今回は相手が上位選手でありながらそれが目に見えて衰えることがなく、むしろ後半はドディグの方が足に来ていました。

その結果、4セット以上となった試合で、ランキングが1位でも上の選手に対する初めての勝利という大きな大きな結果を得ることができました。
ドディグには先月に続いての勝利となりますが、それが5セットの試合であったこと、そしてそれが2セットダウンという絶体絶命からの逆転だったことは、これからグランドスラムでの勝利、勝ち上がりを目指す上でこの上ない自信になるのではないかと思います。


最終日のカルロビッチ戦は、後日別の記事で掲載したいと思います。




この記事と関連した記事

コメント(6)

  1. 初日のドディグ戦を観戦しました!最初は固い表情で、ポイントを取ってもファイトが見えず「う~ん…」と応援し辛かった~!
    なのに、次第に「お!」「よし」「よっしゃ」「うお~!!!」とシフトチェンジ。最後はMAXで盛り上がりましたね~~!
    感動しました!!6時間かけて車飛ばして行った甲斐がありました!
    3日目はTV観戦。解説のネガティブ発言連発にイライラが募って
    「添田の表情を見ろよ!死んじゃいないだろ!!」と叫んでました。
    途中、ダバディさんが「解説の〇さん、会場のお客さんは2回戦の
    時のようには まだあきらめていませんよ!」と言ってくれたときは
    「いいぞ~!」。やはり国代表(サッカー)を見てきた人は、違いますね。どんな時でも終わる瞬間まで、希望を捨てません。
    私も最後まで「そえだ」コールを続けました。
    この経験が、彼をもっと強くしてくれると信じます!
    GO!添田!

    isi

  2.  こちらではおひさです。添田くん、これで一気に日本国内でもブレイクでしょうか。
     ところで、デ杯のポイントっていつ加わるんでしょうか。確かWGは80点だと思うのですが、それがそのまま加わっちゃうと70位とかになるんですけど。そんなにうまい話が転がってるんだろうかw。

    あもく

  3. WGでの一勝は40ポイントのようです。今年からその週の結果によってどうランクが推移するかの試算ページを作りました(パソコンから見てブログの左上…ただし50ポイントというのは間違え)
    自宅観戦組の皆さんが調べてくれたところによると82位だそうです

    sabumasa

  4. 応援お疲れ様でした。&81位おめでとうございます!
    カルロビッチ戦、タイブレークは死ぬ気で応援しました!
    ここを取れば絶対に4セット目に疲れが出てチャンスが倍増でしたよね〜
    それを引きずった感じに見えた(燃え尽きた感じ?)の2セット目がいか〜んと思いましたが…
    でもでも〜日曜日の朝、張本さんに「あっぱれ」頂きました!!普段はなんじゃこの親父等と罰当たりな事を思ってる私ですが、昨日ばかりはチョコあげようかと思う程嬉しかったです。
    これからも楽しみですね!
    4大大会の2週目にGOさんが残る日が楽しみです。
    それにしても、某○造さんのマイナス思考!初日から最悪でした(>_<)日頃諦めるなと誰よりも熱苦しく、やれば出来るの伝道師なはずなのに〜
    そりゃあ世界と簡単に口にするなとも言ってるけどさ。
    でも〜、放送を見直して反省して頂きたい!と私も思いました。
    シュウシュウは黙ってて(とんねるず貴さん風)と言いたかったです。
    ダバティさんさすがです。ちゃんと言ってくれましたね。
    シュウシュウは日本人の解説には向いてない!
    私自身が熱くなり過ぎました〜
    疲れが取れたら、更新お願いしますね。
    楽しみにしています。

    のるのる

  5. ATP Challenger Tour の PLAYER SPOTLIGHT に Bergamo の
    Chllenger で G.SOEDA がトップシードであると紹介されて
    います。

    ゴンタ

  6. >のるのるさん
    私は現地観戦でWOWOWにも契約してないので、松岡氏がどんなことを言ってたのかよく知らないのですが、ダバディさんはよかったみたいですね(^^)

    >ゴンタさん
    ありがとうございます~。
    しかし、どうやらこの欄には悪しきジンクスがあるらしく・・・><

    sabumasa

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million