スーパー添田豪の誕生か!?36位のドディグにストレート勝利(250チェンナイ)




ツアー250大会、チェンナイの2回戦が終わりました。

vs イヴァン・ドディグ(36位/クロアチア) 7-6(6) 6-3

大会第5シードを破り、去年のバンコクに続いてのツアーでの堂々ベスト8進出です!

今回もライブストリーミングを見ていましたが、なんというかもう凄かったです、勝ち方が!!!!!!
ポイントを付けながら観戦すればよかったと本当に後悔しています。

未だに興奮さめやらずで、加えてそろそろ寝るべき時間につき、推敲も特にせず思ったことをポンポン書いていきますので、全くまとまりがありませんが、あらかじめすみません。

-----------------------------


相手のドディグは、パワーがあって粘りもすごい選手です。昨日や一昨日ならノータッチで決まっていそうなクロスの厳しいショットも返してきて、長く激しいラリー戦になりました。
サーブもいいし、例えば添田くんが30-0と先行するような局面からいいサーブを連発してあっさりキープしてしまう。それでも添田くんは、ラリーに持ち込めれば全く打ち負けていないどころか、優位に立つことができました。相手のねばっこさを上回るラリーで相手が根負けして?ミスするまで返し続け、自分のペースとなれば相手を左右の厳しいところに振りました。相手に攻め込まれている時は、例え浅くなって相手に次にボレーで決められようが、とにかくボールを返しました。
触ることもできないようなエースは仕方ありませんが、そうでない時は、とにかくどんな形でもいいから相手コートに返していたのが素晴らしかった。
リターンエースも何本か決まっていました。
ミスしようがどんどんネットに出ていました。添田くんがボレーを打つ時、これまで相手のアドサイド側に打ちがちな印象がありましたが、それが相手の目の前であることも多く、パッシングで抜かれてしまうことが度々ありましたが、今日は相手の動きをよく見極めたうえで反対に反対にとクロスにとにかく厳しく打って、それが面白いように決まっていました。
サーブも安定し、エースの本数はそれほど多くはありませんが、肝心なところでいいサーブが入っていました。

もともとの傾向は分かりませんが、今日のドディグはサービスはいいのだけど、セカンドサーブになってからのポイント率がそれほど高くなく、添田くんから見てのポイント取得率が第1セット69%、第2セット53%といずれも半分以上で、第2セットは1stサーブの確率がかなり下がったので、かなりプレッシャーをかけることができたのではないかと思います。


予選決勝の時から何度も書いていることですが、今週の添田くんの何がすごいって、とにかく粘りと目の前のポイントへの集中力です。

それが見事に発揮されたのが、第2セット3-3からのサービスゲーム。
30-40とブレイクポイントを与えてから2度のピンチをしのいで見事にキープ!
相手のドディグにしてみれば格下選手から1セットを取られたとしても、ここでギアを上げてブレイクしてセットを取り返せばいいという考えだったと思いますが、それを阻止し、相手はリターンエース狙いの一発がアウトになったりしたこともあり、怒りの余りなんかわめきちらしてました(笑)

その大事なゲームをキープし、相手をイライラさせたところで迎えた4-3のリターンゲーム。2ブレイクポイントを1本で決め、一気にサービングフォーザマッチへ。最後はエースで締めて勝利です!!!


順序は逆になりましたが、もちろん全てが完璧だった訳でもありません。
話を第1セットに戻すと、双方ブレイクポイントもなく迎えた5-5からのリターンゲーム。この試合先にブレイクに成功したのは添田くんでした。
でも、その次のサービングフォーザセットをストレートでブレイクされ、タイブレイクに・・・。

ブレイクした次のゲームをストレートでブレイクバックされるというイヤな展開で思い出すのは、去年のローランギャロス1回戦のユーズニー戦。
セット序盤でブレイクされて迎えた4-5からのリターンゲームでブレイクバックに成功しましたが、次のサービスゲームをストレートで取り返され、そのセットは5-7で落としてしまいました。
その理由について、添田くんはブレイクしたことで次のサービスゲームで冷静さを失ってしまったと説明していました。

今日の試合での心理状況は分かりませんが、展開としては全く同じパターン。
過去の失敗を繰り返してしまっても、すぐに気持ちを切り替えて目の前のポイントに集中し、迎えたタイブレークでは先行されながらもすぐ追いつき、先行されても追いつきで、相手のセットポイントで迎えた4-6から4連続ポイントでセットを奪い取りました!

タイブレークのポイント推移:ドディグから(赤字が添田くんサーブ) ×○×○○×○×××○○○


これまで第1セットを取った後での大事なサービスゲームを落とすこともたびたびありましたが、エースから入ってしっかりキープ。繰り返しになりますが、マッチポイントをエースで締めるなんてあたりもなんという肝の強さか・・・(笑)

まぁそんな感じで、とにかく素晴らしい試合でした。

スタッツです。

【第1セット】



【第2セット】


強調しますと、相手は36位です。

添田くんがこれまで勝った選手の最高ランクは73位(対戦当時)のカロル・ベックですが、チャレンジャーとツアーを行き来しながらランキングをキープしている選手で、それほど添田くんと力の差があるとは言えないのではないかと思います。
ドディグは現在ほぼキャリアハイの状態で、去年はナダル、ソダーリング、バグダディスなどなどトップ選手に勝っており、去年だけでもツアー優勝・準優勝をしています。

そういう選手が相手であっても、自分にできるテニスを貫き、あくまでも冷静に、攻撃的に、粘っこく粘っこく・・・。
こんなこと書いては失礼かもですが、そういう選手を相手にしっかり自分のテニスができて、その結果まさか勝てるとは思ってもみませんでした。
見られる試合はできる限り見ていて、進化の過程をすこし垣間見てきて、「いつかきっと結果がでる!」と信じて応援してきた私でさえそう思うのだから、この結果を見た人のほとんどが同じようなことを感じているんだろうと思います。


去年は特にそうでしたが、このところ、ビッグトーナメントでの添田くんのドロー運はそれはもう悲惨でした(笑)
ナダルとかツォンガとかユーズニーとか・・・。
いくらベストなプレイを出したところでこういう選手に勝つのはそう簡単ではなく、そういうバッドドローの繰り返し中で結果として見えなかっただけで、そういう選手たちに揉まれて様々な経験を積みながら、勝つための力を着実に養っていたのかもしれません。

これが覚醒、スーパー添田豪の誕生であるならばそれは嬉しいことだけど、今週が完璧すぎるのかもしれません。
でも今日は、プロ生活8年間の地道に積み重ねてきた努力がついに勝利という結果として結実したと断言できる、本当に本当に素晴らしい勝利です!



準々決勝の対戦相手は大会第3シードのスタンスラス・バブリンカ(17位/スイス)です。




この記事と関連した記事

コメント(6)

  1. スコア追っかけててあまり意識してませんでしたが、第5シード相手にストレート勝ち。バブリンカはフルセットなのでちょっとくらい余計に疲れててくれないかな。準決勝まで行ってくれると録画ですが、テニスチャンネルで放送してくれるんですけどね。それでさらに錦織くんよりも先にティプサレビッチに勝ったりとか。ま、いろんな想像ができますが。。。とにかく次ですね。

    あたごやま

  2. おめでとうございます!!
    添田くん、すごい!! ドディグ相手にストレート勝利!!!!!
    がぜんデ杯が楽しみになりましたよ。
    バグに勝ったことのある相手を倒してくれたことも嬉しいです、ほんと。(圭くん負けちゃいましたからね・・・)
    バブリンカ戦、頑張れ~~

    ムンママ

  3. 予選から3試合ライストで試合を見ていますが、毎回かなり楽しんでいます。年初からいいテニスしてますよね。バブは相当強いですが、チャンスは全く無いわけではないと思ってますので!これを機に添田選手がツアーに定着しますように!っていうか定着するよね(・∀・)。

    くま

  4. あたごやまさん

    バブは昨日が初戦なので、久しぶりの実戦でてこずった部分もあると思います。
    が、バブはディフェンディングチャンピオンなので、添田くんにとってアウェイっぽいやりやすい環境ではあると思うので、昨日同様まずは目標1セット!

    ムンママさん

    勝った相手に勝ったことある系の話は単純に考えられないものですが、これまでそういう話さえしようがないぐらい錦織くんははるか上のステージにいます。
    でもこれからは少しずつでも同じ土俵で戦えるようになればいいな〜と(^^)

    くまちゃん

    250大会の2回戦止まりではポイント的にCHから脱却できないので、ドロー運に助けられたりしながらでも2回に1回ぐらいはなんとかベスト8に入れるようになればいいなぁと思います。
    昨日得た自信はこれまでとは全く比にならないぐらい強大なはず。きっと定着できます!

    sabumasa

  5. ライスト、この試合は途中から俺も見れました。
    しっかり見れてたわけではないけど、なんかいい内容!だと思いました。そして錦織からいい影響受けてたりするのかなとか思いました。
    自分の主導の時に足踏みしないでどんどん行ってた感じ。
    相手が1stサーブにプレッシャーかかって入らなくなったのは見てとれましたね。ああいう調子でいつもいけたら・・・
    といっても、この勝利にそんなに驚いていないというのもあります。
    やればできる選手だと思ってますから(偉そうなのはご容赦願います)
    状態を維持して全豪でもその次でも、結果が出るといいですね。

    rymon

  6. お、驚いてないんだ・・・(@@

    去年のバンコクで見た時もこれまでと何かが根本的に違ってる、と感じましたが、そう、迷いなくどんどん行ってるって感じですよね。
    準々決勝もいい具合にプレッシャーをかけられたし、今日は錦織キラーのティプさん。どんな試合になるのか楽しみです!

    sabumasa

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年5月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million