今年もやります!開幕戦ベスト4記念★添田豪、2012 (を妄想する)




開幕戦であるツアー250大会チェンナイの予選を勝ち上がり、30位台・10位台の選手をストレートで下す活躍で見事ベスト4入りという素晴らしいスタートを切った2012年。
ちょっと今年真面目に期待しちゃうよ~(^▽^)と、ファンもすっかりハイテンションなシーズンの幕開けとなりました!

そこで、去年やった「あの企画」、今年もやります!
(何のことやら分からない方はこちらをご覧ください


今年は名前も若干リニューアルし、

開幕戦ベスト4記念★特別応援企画 添田豪、2012(を妄想する)

として生まれ変わって、心機一転お送りします!


企画のおおざっぱな概要としては、2012年が添田くんにとって名実ともに世界のトッププレイヤーとして大きく羽ばたく年になって欲しい(というか、なります!!!)という願いを込めて、今年の添田くんにかける期待を具体的な結果として、勝手に妄想・願望して、教えてください!
こちらを読みにきてくださる方には断然添田派!という方から日本人選手のひとりとして応援してる方まで、色んな方がいらっしゃると思います。それぞれのスタンスの中で、妄想を膨らませてみましょう。「願えば叶う」という言葉もありますし、その通りにならないとも言えません。

もちろんそれ通りになるかは添田くん次第ですが(笑)、開幕戦でトップ選手として大きく花開く可能性を見せてくれた2012年、ファンもテンションを上げて応援していきましょう!


あくまでも妄想なので、例えば「グランドスラム優勝」「ナダルにリベンジ成功」といった結果に限らず、「自分の予定に合わせての大会出場」「他の好きな選手との対戦」「○○の番組に出演」・・・などなど、何でも構いません。イメージとは具体的になればなるほど真実味も増していくものです。

分かりにくいかもしれないので、例として私の妄想をここに披露しますと、

------------------------------

【添田豪、2012 sabumasa編】

1.全豪堂々の予選突破!しかしさすがにお疲れで、本戦での勝利はまたしてもおあずけ。

2.デ杯クロアチア戦にナンバー2として初日に登場!ドディグとの再戦を果たすも、ファイナル3-6で悔しすぎる敗戦。しかし最終戦のナンバー2対決・対カルロビッチをファイナル7-5で制し、チームJAPAN 2回戦に進出!勝利後、チームから胴上げされる!

3.クレーシーズンは避けて、アメリカのチャレンジャーでポイントを荒稼ぎしながらも、ローランギャロスでまさかのグランドスラム本戦初勝利!

4.ウィンブルドンは1回戦でまたツォンガと対戦(笑)フルセットの死闘を制してリベンジに成功!3回戦に進出!

5.TENNIS CHANNEL のBAG CHECKについに登場!遠征にかかせないお供は一体何なんだろうか・・・?(さすがにこれは想像がつかない 笑)

6.ロンドンオリンピックに出場。1回戦を突破し、2回戦でフェデラーとついに初対戦!ゴールドメダリストの厳しい洗礼を受けるも、目標選手と念願の対戦を果たし、打倒フェデラーの想いを新たにする。

7.全米はダビデンコ、トップ10選手のベルディヒを破る快進撃でベスト8!!!敗退後、フェデラーからジョコビッチ対策としてヒッティングパートナーに指名されて会場に留まることに。28歳の誕生日をアーサーアッシュで迎え、さすがの添田くんも感無量・・・。
スポーツ紙の1面で取り上げられ、翌月のテニス雑誌全てで表紙になる。

8.バンコクでツアー初のシード選手に。決勝でヤングをストレートで下し、昨年のリベンジを果たして念願のツアー初優勝!!!!!

9.ジャパンオープンは、初来日を果たしたジョコビッチと2回戦で対戦。2セットで敗れるも、第2セットはタイブレ15-17というとんでもない粘りを見せる。ナンバー1&ナンバー2オキニによる壮絶な試合を目前にしながらも、sabumasa、涙で試合が見えない・・・。


全日本には今年も出場せず、決勝戦を余裕の観戦。
2012年最終ランキングは38位!!!!!

------------------------------

・・・といった感じです。
チェンナイ基準で考えてしまい、大盤振る舞いな気がしなくもないですが、そんな絵空事でもないと思うんですよねぇ・・・。

私は年間を通じての活躍を項目立てて妄想してみましたが、妄想の醍醐味はその妄想性(笑)だと思うし、ストーリー仕立てというのも面白いと思います。
・・・という感じで皆さんに自由に妄想していただき、この記事のコメント欄に書いていただくか、 sabumasa◆go-soeda.info (◆を@に変更)までメールでお寄せください。

【投稿の際の注意】
・これまでこのブログにコメントを書いたことのない方は、システム上一度私の承認を経て公開となりますので予めご了承ください
・この企画は記事での紹介を前提としていますので、匿名での掲載を希望する方は、メールをお送りいただく際、その旨明記してください


去年は、急に思い立ちすぎて応募期間わずか数日だったため、期間の短さに苦情?もあったりとエントリーがたった2通しかなく、実に寂しい思いをしました。
今年は出だしが遅くなりましたが、ベスト4まで行ったんだから仕方ないじゃん>< (笑) ・・・ということで、今回はほんの少しですが、期間を長めに設定したいと思います。

応募締め切り:1月15日(日)13:00まで


ちなみに締め切り時、全豪予選はすでに終わっています。
連戦の疲れが心配ではありますが、本来通りのプレイができれば問題なく予選を突破できるはずだし、その先の本戦からが本当の戦いだと思っているので、あえて予選には重きをおかない設定にしました。

いただいた妄想はまとめてその日中に記事にアップしますので、各自ニヤニヤそれを読みながらテンション高く全豪本戦、そして来月のデ杯を迎えられればと思います。




この記事と関連した記事

コメント(4)

  1. 今のところATP Race Rankingsで添田豪が8位 このままだとワールドツアーファイナル出ちゃうwwwやばいwww

    http://live-tennis.eu/race

    名無し

  2. 2012年を占うコーナーができたのでさっそく。

    1,まずは全豪予選突破、ついでに一回戦も突破して好調を維持。

    2,デ杯参戦。シングル2とダブルスにも駆り出され2勝を挙げ勝利に貢献。

    3,デル・レイビーチ本戦ストレートイン、ベスト8進出

    4,全仏ストレートイン。錦織と対戦、フルセットで敗戦。

    5,Aptos Challenger出場。準決勝に進出しあたご家も家族で観戦。日本では負け試合だったためもらえなかったサインもゲット。日本人が少ないのをいいことにいろいろと無理な要求をぶつけ、しっかりと交流を深める。たぶんこれでしっかりとあたご家は本人の記憶に残ることとなる。

    6,全英ストレートイン、見事1回戦を突破。

    7,ロンドンオリンピック出場。あれよあれよという間に勝ち上がり、決勝進出。日本中の注目を集める中、フェデラーと対戦。フルセットとなり、最終セットタイブレークとなるも惜しくも敗れる。当然ながら添田の名前は全国区となり一躍時の人となる。※帰りの飛行機はメダリストならではのファーストクラスで疲れを癒すことができた。

    8,全米オープン。あたごやまはNY出張をゲット。しかも二週目。無事に二週目まで勝ち残りグランドスラムベスト8。日本では優勝を期待する声が多かったため、若干残念な報道をされてしまう。ちなみにあたごやまは会場で出くわすもじつはシャイでなかなか声をかけられなかったが、豪くんのほうが気づく。しっかり挨拶してちょっとした優越感に浸る。

    9、ジャパン・オープン、すっかり日本中から知られる存在になり報道ステーションなどにも出演。肝心の大会の方は順調に勝ち上がり準々決勝でデルポに当たる。これはさすがにやばいでしょ、と誰もが思う中。見事に撃破。次にナダルにあたり接戦を演じつつ敗退。しかし観客からの応援はナダルに対してのものより多かった。

    10,2012年 最終ランキングは42位。しっかりと松岡修造を抜いてしまって終了。

    昨年同様、途中経過はずいぶんと外すかもですが、今年はランキングだけは当てそうな気がする。

    あたごやま

  3. こんにちは、すごい企画をやってるんですね。びっくりしました。
    どうも現実的な性格なのか妄想が苦手なので、地味な感じで参加です。
    えっと・・・全豪はとにかく予選を突破します。妄想じゃないんです。
    デ杯はシングルス2ですね。初日はちと厳しいですが、最終日に勝ちます!炸裂です。これも妄想じゃないんです。と言う訳で、全仏・全英とも本戦ストレートインです。今年はオリンピックイヤーなので疲れる全仏で無理はせず、全英で頑張る。
    で、気分的にはオリンピックに飛びます。圭君とダブルスで出るのです。本当に個人的な意見ですが、竜馬君とのダブルスより、GOさんとのダブルスの方が圭君は合っているのです。
    シングルスはぜひツォンガにリベンジして頂きたい!スコーンとバックハンドを決めて、ツォンガは泣きそうな顔になる!
    で、銅メダルゲットです。
    そしてあたごやまさんがNY出張をゲットし、がっつり全米の応援をします。でテレビで見ているのるのるは、この方があたごやまさんに違いないと妄想するのです。そしてついうっかり観客席ばかり見てしまいます。sabumasaさんの貯金は間に合ったでしょうか!びみょうではないかと妄想した方が面白いですね。
    そしてジャパンオープン!GOさん、圭君、竜馬君、杉田君と共に情熱大陸とかbirthdayとかgetsportsとかもちろん報道ステーションとかに出て、圭君のフワフワコメントと杉田君のしっかり問答に翻弄されながらもお兄さんの貫録を見せてくれます。
    ジャパンオープンでは、またしてもすごいドロー運(ジャパンオープンでのドロー運はみんな凄すぎます・・・)に泣き(笑い?)ます。対戦相手はなんとジョコです。そう、今年はジョコ・マレーが来るのです。秋のジョコは疲れているので、去年の圭君を思い出して頑張ってくれるにちがいありません!私が思うに2年毎に王者がくるのでナダルは来てくれない・・・

    最終ランキングは48位。で、とんねるずのスポーツ王に修造さん、圭君とともに出て、あと2位だったのに~といじられ人気が爆発します。キャラが違うかな~

    のるのる

  4. 今回は1トーナメント1試合に絞って・・・妄想。
    春の日差しを飛び越えて、もう夏空のような快晴のフロリダデルレイビーチ。2月27日についに歴史的対面を果たすReiko In Florida.
    そうです。添田君のプレーを初めて見ることが出来たのです。

    思い起こせば、1月は全豪オープン予選を確実に勝ちあがり、本戦に出場。
    1回戦はノーシード選手とあたり、苦しみながらも6-4,6-4で勝利を収めました添田選手。
    2回戦はなんとジョコビッチ選手。あぁ~なんというドロー運。しかし添田君は持っている力を存分に発揮、敗れはしましたが、3-6,5-7というスコア。ジョコビッチ相手に良く戦いました。

    その後デ杯では、第二シングルスで出場。勝利に貢献。2シングルス・1ダブルスを日本がとり、勝利!

    そしてついにデルレイビーチで、なま添田君に対面したのです。

     場所は第一コート。センターコートでは夕方ロディックが登場予定です。2回戦を勝ち上がるとなんとロディックにあたるドローです。
    第一コートはスタジアムではないので、選手が近い!!!!私は添田君の応援に選手ベンチ裏を陣取り応援します。
    あ・・・、添田君が私に気づいた・・・”なんだろ、この変な日本人・・・”  
    ”きゃ~。添田君がこっちむいた~!! 私、添田君のファンなんです。今日はがんばって~!”
    ”あぁ、そうなんですか、がんばります”
    そんなやり取りが試合前に行われ、私の気分は高揚!!

    試合が始まりました。1回戦の相手は予選勝ちあがりの中米の選手。足は速いが、添田君の敵ではありません。
    守備範囲を広げ、チャンスを確実にものにし、1セット目を6-3で取ります。第8ゲームをブレイクした後、第9ゲームを2本のサービスエースでポイント。
    セットの合間に、ツイッターで日本に情報を送ります。
    ”添田君、調子いいみたい。バックハンドがいいよ~、サーブも確実”。
    さぶさん、”そうなんですかぁ~?!わ~ また情報送ってください”なんてやり取りをします。
    2セット目も3ゲーム目に早くもブレイクをし、そのまま6-1で勝利。試合時間1時間35分。初めて添田君のプレーを見た私は、時間が短すぎたと思いましたが、勝利が優先。
    試合後、そーっと添田君に近づき、握手と、サインをいただき、満面の笑みで会場をあとにする私でした。

    Reiko In Florida

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年5月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million