スタートで明暗・・・予選決勝敗退、ラッキールーザーに望みを(2011ウィンブルドン)




今日で3日目を迎えたウィンブルドン予選決勝。対戦相手ラッコの2セットアップで迎えた後のない第4セット、3-2のラッコサーブ30-30から再開しました。


短期決戦となる残りのゲームはスタートダッシュが肝心、と昨日のブログに書いたのですが、まさにその通りの結果になってしまいました。。

坂本正秀氏のつぶやきによると、スタートポイントでラッコはサービスエースで入ったのに対して、3-3からの添田くんのサービスゲームは、ダブルフォルトスタートだったそうです。
このゲームで一気に0-40とされ、1ポイントを返しますが、ブレイクを許してしまい、そのままブレイクバックをすることはできず、4-6 で試合終了。。

ホントにホントに悔しいですが、予選決勝敗退です。


このセットを落としてもまだ次があるラッコに対し、後がない状態で、スタートからマックスで臨まなくてはならない添田くんの方が背負うプレッシャーが大きかったのかもしれません。。
3日にも渡る試合で度々の雨による中断、ライブスコア観戦する方も大変でしたが、選手にはもっともっと厳しいものだったと思います。

坂本さんが、試合前の様子をアップしてくださったので、紹介しておきます。
http://www.mobypicture.com/user/hide_sakamoto/view/9846035

------------------------------

ここから先はもう神頼みですが、ラッキールーザーに望みを託したいと思います。

ラッキールーザーとは、予選スタート後に本戦出場者の中から辞退者が出た場合に、予選決勝敗退者のランキングの高い順に本戦に入れる敗者復活枠で、グランドスラムでは、敗退者のランクの高い順「ラッキールーザー枠+2人」による抽選で決められます。

今のところ、本戦辞退者は3人出ており、5人による抽選ということになります。

ただ、予選決勝に勝ち進んでいる選手のうち、添田くんよりもランキングの高い選手は5人おり、仮に彼ら全員が負けた場合は6人目となり、この抽選に参加することはできません。
なので、まずは誰でもいいから1人勝ちあがってくれるよう、祈りたいと思います。


添田くんが去年ウィンブルドン本戦に入れたのは、この抽選で選ばれたからです。
去年本戦出場を決めた時、ものすごく嬉しかったのと同時に、ほんの少し、一旦負けた身なのに・・・という恥ずかしさのようなものもありました。

でも、予選決勝まで勝ち上がったからこそ得られる権利だし、例え2年連続であろうが、本戦に入れてこそ次に繋がるチャンスがあるのです。

今はとにかくどんな形でもいいから本戦に入って欲しいと思っています。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million