2011.5.3・4 HEAT JAPAN 観戦レポート -シングルス編




HEAT JAPAN関連でこのブログもゴールデンウィーク豪華大量更新中です!
こちらも合わせてお楽しみください(^^

>>手書きメッセージ作戦完了!
>>手書きメッセージ作戦 秘話編 / スポーツマッサージ初体験

-----------------------------

ということで、順番が前後してしまいましたが、昨日一昨日と東京・三鷹で行われたHEAT JAPAN に行って来ました。

このイベントは、男子ナショナルチームコーチである増田健太郎さんの企画で、売り上げの一部を東日本大震災の被災地に送るチャリティも兼ねていたこともあり、添田くんをはじめ、伊藤竜馬、杉田祐一、鈴木貴男という超豪華現役デビスカップメンバーがそろい踏み。


4人が1セットマッチ(6ゲームオールの場合はタイブレーク)の総当たり戦を1日半かけて行い、最後にラウンドロビンの1位と2位による1位決定戦、3位と4位による3位決定戦を行うというものでした。

セッション1(3日前半) 伊藤×杉田 添田×鈴木
セッション2(3日後半) 添田×伊藤 杉田×鈴木
セッション3(4日前半) 添田×杉田 伊藤×鈴木

それぞれの試合の後には、対戦を終えたばかりの2人がコンビを組み、地元高校のコーチや会場となったMTSテニスアリーナ三鷹のコーチ・最強ペアなどとのタイブレークマッチ、出番のない2人によるダブルスマッチもセットになっています。


こういうエキシビジョンイベントに参加するのは初めてで、鈴木選手がこういうのに慣れた“お笑い”的存在というのは知っていたのですが、他の3人がどうなのか全くの未知数・・・違った意味での不安もありつつ(笑)、添田くんのプレイを生で見るのは去年のジャパンオープン以来半年以上振りなので、本当に楽しみにしていました。

その頃は、サーブがとにかく絶不調でほとんどが2ndサーブから始まるような危なっかしいものでしたが、今回見て一番感じたのはサーブの安定感です。しばらくプレイを見ていない人は、フォアのスイングスピードが以前と比べてかなり早くなっているので驚くかもしれません。


そして、エキシビジョンということもあったのでしょうが、とにかくプレイがアグレッシブ(他の選手もそうでしたが)で、ネットにもどんどん出て積極的に攻めていました。
伊藤竜馬選手との対戦は2回ありましたが、お互いフラット系ストローカーで、とんでもない早さで打ち合うので、ボールを目で追うのが本当に大変・・・。
(そういえばこの2人の対戦を見るのは初めてでした)

エキシビジョンというと、例えば口撃合戦などのお遊びの部分もあるのかと思っていましたが、そういう部分もありつつも、シングルスは普通にマジテニスで(笑)、イベントとはいえ負けたくないというオーラがみなぎっていました。

でも、ゲームが終われば選手たちも笑顔に。

今回は、コートのすぐ脇に実況席が置かれ、生観戦しながらも、普通は会場では分からない細かなジャッジなどの解説もしてくれるので、より観戦を楽しめる助けにもなりました。その声はもちろん選手にもまる聞こえで、選手がミスをしたりすると増田コーチが「だからあれほどボレーの面は・・・」などとすかさずツッコミを入れたり、マッチポイントを迎えた選手の紹介として好きな女優が暴露されたり(ちなみに伊藤選手は綾瀬はるかで、添田くんは仲間由紀恵だそう・・・って、綾瀬はるかはもういいのか? 笑)、真剣プレーをコートサイドからも引き立てていました。

杉田選手の決めショットに対して添田くん「杉田くんはカッコつけすぎですね」と解説(爆)


シングルスで出番のない選手は実況席に入り、解説もしてくれました。
テニス中継での解説経験もある鈴木選手はさすが手馴れたもので、杉田選手は知性を感じさせる分析力・・・にひきかえ、添田くんと伊藤選手は素のまんまな感じ(笑)
それぞれのキャラをこういうところでも垣間見ることができます。


今回、ゴールデンウィークということもあり、多くのテニス愛好家やジュニアたちも見に来ていましたが、いつものテニス観戦とは違った雰囲気の中で、ひときわ大きな歓声やどよめきがあがっていました。
日本でプレイをする機会が少ない日本最高峰の選手たちの本気のプレーをすぐ目の前で見られるというのは、それだけでものすごいインパクトのあるものだと思います。

そして、このイベントのもうひとつ素晴しいところは、公式に写真・動画の撮影が自由(営利目的除く)だったことです!!!
ファンとしては、こういうところで撮れたいい写真をネットなどに上げて仲間と共有したりyoutubeにアップしたりしたいものですが、肖像権・著作権などのこともあるし、それを躊躇してしまう人も多いと思います。
(ということで、今回は安心してどんどん画像を使わせていただいています 笑)


・・・と、随分脱線してしまいましたが、ラウンドロビンの結果は、

  添田豪 伊藤竜馬 杉田祐一 鈴木貴男 総当り結果
添田豪 ○ 7-5 ○ 7-6 ○ 7-5 3勝0敗 1位
伊藤竜馬 × 5-7 ○ 6-3 × 4-6 1勝2敗 2位
杉田祐一 × 6-7 × 3-6 ○ 6-3 1勝2敗 3位
鈴木貴男 × 5-7 ○ 6-4 × 3-6 1勝2敗 4位


このようになり、1位決定戦と3位決定戦は、それぞれ

1位決定戦 添田豪 def. 伊藤竜馬 6-2
3位決定戦 杉田祐一 def. 鈴木貴男 6-4

撮影:白ごはん

となりました。
エキシビジョンとはいえ、優勝やったーーーーーヽ(^▽^)ノ

スピーチでは、今後の目標として「上の選手に勝てるように体力と精神力を付けていきたい」と語ってくれました。
月曜のランキングで100位を割ってしまったけど、その目線の先には明確に上のステージが見えているようで、ものすごく心強く感じました。

自転車に乗る添田くん。超レアです!!! 撮影:白ごはん

そして、優勝賞品として、プジョーの自転車が贈られ、コート内をウイニングラン(笑)



真っ向勝負が繰り広げられたダブルスとはうって変わって、ダブルスは笑い満載の楽しいものになりました。

・・・が、ちょっと長くなってきたので、それについては次の記事「ダブルス・イベントほか編」に続く・・・。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million