【速報】ウィンブルドン予選1回戦突破!!




先ほど試合が終わりました。

vs Inigo Cervantes-Huegun (225位/スペイン) 6-3 7-5

1回戦突破です!!!
・・・と数字だけで書くと、安定した試合運びでの勝利を想像してしまいますが、今日は突っ込みどころ満載です(笑)

予選の公式ライブスコアはサーブの速度やスタッツが全く出ず本当のスコアだけ(しかも今日はなぜか調子が悪く、数ポイント飛ばすことしばしば)だったので、具体的な解説ができないというのをあらかじめお詫びして・・・

第1セットは立ち上がりの第2ゲームで早々にブレイクに成功し、自身のサービスゲームでは30(サーティ)以上のポイントを与えず、しかも、後半の3ゲームは全てラブゲームキープ。完璧な展開で6-3と先取します。
しかし、第2セットに入ると流れは一変、デュースにも持ち込めない中 0-4 と一気に引き離されてしまい、リターンゲームでもなかなかポイントを取れない厳しい展開に。
ところが0-4からの第14ゲームでブレイクバックに成功すると、第18ゲームでもブレイクして4-5 とイーブンに戻し、5-5からの第20ゲームでもブレイクし、ちょっと前まで劣勢だったのに気付いたらまさかのサービングフォーザマッチ(笑)
そのゲームをしっかりラブゲームキープして勝負を決めました!

第2セットの序盤は一方的な展開になってしまいましたが、今まで添田くんの試合をチェックしてきて、第1セットを簡単に取った後、油断から相手に流れを明け渡してしまい第2セットを落としてしまうということが時々ありました。(が、結局ファイナルで気合を入れなおして結局勝つんですが・・・)
今回もその展開とすごく似ているものがある一方で、全く違う理由があったのかもしれないし、いずれにしてもセットを捨てることなく追いついてそのセットで勝負を決められたことはすごいと思います!

それにしても、第2セット前半と後半の展開の余りの違いは一体何だったのか・・・?
ちなみに、相手選手が最後にキープして2-5となった第16ゲーム以降、試合が終わるまで5ゲーム23ポイントありましたが、23ポイント中20ポイントも添田くんが取っています。その変貌ぶりをスコア観戦しながら受けた印象は「一気にギアを上げたのか?」というよりも、感想としてはむしろ「添田くんがブチ切れてしてしまった・・・」みたいな(笑)

-----

続く2回戦の相手は、

Alexandre Sidorenko(237位/フランス)

185センチ右利きの22歳で、キャリアハイは昨年5月の145位。戦歴を見てみると、ハードよりもクレーコートの方が試合数が多いようです。確かにクレーの大会はヨーロッパでは年中行われているけどそういう選手って余り聞かないし、これは何を指しているんだろう?

【以下、追記です】

今日のスケジュールが出まして、第1試合(現地時間11:00/日本時間19:00スタート)に入ってしまいました・・・。

昨日は早くて20:30かな~という感じで、どうにかこうにか早く仕事を切り上げて帰ったのだけど、さすがに18:00退社は難しく、グランドスラムだし仕事の間にチラ見というのはしたくなく、どうしたものかと思案中・・・。

昨日の試合について、ブログで報告がありましたが、「添田くんがブチ切れてしてしまった・・・」なんて我ながらとんちんかんな感想だったようです(笑)
第2セットの序盤0-4とリードされてしまったことについては、

相手の良いリターンが連続で入り出して、ブレークを許しました。けどまだ1ブレークならいつでも追いつけると思ってたので慌てなかったですが、次のサービスも落としてかなり苦しい展開になりました。

おそらく相手の調子が上がってきたということなのでしょう。実力的には自分の方が上であっても、2ブレイクダウンからの挽回は厳しいはずで、ということを考えると、後半追い上げてからそのセットで勝ちきってしまえるあたり、今季の精神面での成長が伺えます。

初戦という緊張、予選ファイナルはまた違った自分へのプレッシャーもあるでしょうが、2回戦はメンタル的には一番やりやすい試合だろうし、今日も思い切っていって欲しいです!

>>公式ライブスコア

---

初めてこのブログを読まれる方、よかったらこちらもご覧ください。

サイト立ち上げにあたって
http://www.go-soeda.info/archives/12




この記事と関連した記事

コメント(4)

  1. 1stセットがあまりにかっこいい展開だったのと、
    ライスコ(SlamTracker)のプロフィール画像がイケメン風(※)だったので、
    みんなでイケメン豪と褒めちぎっていたら、だからというわけではないでしょうが
    いきなり2ndで失速したんですよね。
    でもそこで終わらないのがまたナゾであり添田くんの底力です。
    ナゾ解き楽しみ〜!

    ※:添田くんはイケメンだが、Wimbyのプロフィール画像が
      それとはまた別の「イケメン風」のお写真である、の意。
      

    白ごはん

  2. 試合には何の影響もないでしょうが、昨日はちょっとおだてすぎました(笑)

    相手が添田くんのプレイに合い始めたということだったのかも
    しれないですね >0-4
    が、普通ならセットを落としてしまうところだけど、そこから一気に
    まくったのはホントにしびれる「イケてる」展開でした。

    sabumasa

  3. 添田くんのブログのコメント、とても頼もしい感じがしました。
    0-4を巻き返して、きっちり2セットで終わらせたところが
    きっと今日以降の試合につながると思います。
    こうなったら、もう本戦出場してもらうしかないですよ!
    今日は幸い、仕事が休み&ダンナは飲み会で晩ごはんいらずなので
    ガッツリ応援しま~す♪

    hanazo

  4. >hanazoさん

    いやあ、想像すれば想像するほど明日の決勝が恐ろしくなってきました・・・。
    明日は5セットマッチなので、なんとしても家に帰って応援します!!!!!

    sabumasa

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million