これが団体戦 ~デ杯WG2回戦進出へ王手!




デビスカップワールドグループ1回戦 日本対カナダ 1勝1敗で迎えた2日目はダブルス1試合が行われました。

日本チームは当初の杉田内山から変更となり錦織内山、カナダチームも当初入っていたポスピシルから昨日添田くんと対戦したダンセビッチに変更になりました。

結果は、日本チームが 6-4 7-6(3) 4-6 6-4 で勝利!!!


多くの人がそうだったんじゃないかと思いますが、正直なところ、この結果は予想外でした。

内山選手は去年のデ杯インドネシア戦と韓国戦のダブルスでプレイを見ましたが、これは・・・と思ったのが率直なところ。でも、年末のHEAT JAPANで観た時は、ボレーの安定性・攻撃性が格段に上がっていました。
戦歴を見てみると、4月の韓国戦以降、18ものトーナメントで40試合以上ダブルスをこなしていますダブルスを得意とする選手と多く組んでいるようだし、全く知らないうちにスポンジのように多くのダブルススキルを身につけていたんですね。

その内山選手自身の成長とダブルスも技術の高い錦織選手がうまくかみ合い、先だっての全豪でミックスダブルスを制したネスター擁するカナダのダブルスを制しました。
急遽ダブルスに入ったダンセビッチがダブルスをさほど得意としていないことや、ネスターが明らかに精彩を欠いていたことなどもあるかもしれません。


でも、要因はともかく、この勝利は内山選手にとっても日本チームにとっても本当に意味のある1勝です!
勝負なのでまだ分かりませんが、日本が初のワールドグループベスト8に向けて大きく近づいたことは間違いありません。

>>デビスカップホームページ(JTA内)

------------------------------

今日、チームベンチで応援する添田くんのテンションはそれはそれは低そうでした。。
このところのデ杯に賭ける想いというのは再三色んなところで目にしてきたし、その重要な試合の初日に完敗を喫してしまったのだから、無理もありません。。

でも、添田くんが負けてしまってもチームとして勝てればいいんです。誰かの敗戦を他の選手が補い、補われ、そうやって日本チームは再びワールドグループに戻ってきました。


今日の勝利後、添田くんは本当に嬉しそうにしていました。
自分が負けた悔しさがそれで消えるものではないかもしれません。でも、新たな気持ちでまた明日を迎えて欲しいと思います。
日本には大きなチャンスが訪れていますが、添田くんにまたしてもチームの運命が託される可能性だってあるのです。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million