【デ杯コロンビア戦・2日目】日本チーム1勝2敗/明日絶対2勝を!!!!!




一昨日3時間ぐらいしか寝られなかったので昨日は疲れて爆睡してしまい、今朝、起きたら11時半でした。

ということで、大急ぎで有明に向かったものの、到着したのは14時頃。そこから30分ほどでダブルスの試合は終わってしまいました。


デ杯が開催される度にダブルスについて考えさせられるものですが、今日の試合内容にはなかなかキツいものがありました。。

現在日本でそういう選手がひとりもいない中、ダブルス専門選手をいちから作るということは、その選手にシングルスを諦めさせることを指します。日本がこれからワールドグループで戦っていく中で、5試合のうち1試合(ダブルス)で全く勝ちが見込めないというのは、相当不利と言わざるを得ません。
とはいえ、日本で最強ペアである錦織添田は、現在シングルスの主力であり、そのふたりをダブルスに起用することはリスクが大すぎる。


杉田伊藤両選手に限らずデ杯メンバー(とその候補選手)は、体力的に問題がない限り、できる限りダブルスにも出場すべきだと思います。それも、気心の知れた日本人とばかり組むのではなく、外国人選手とどんどん一緒にやった方がいい。

ここ数年、添田くんはダブルスにもかなり出ていますが、ここ数年、ボレーが格段にレベルアップしたと思います。その経験は必ずシングルスにも活かされると思うのです。

------------------------------

ということで、日本チームはこれで1勝2敗となり、明日2勝するしかなくなってしまいました。


錦織選手はシングルス1対決を必ず制してバトンを渡してくれると思います。そうなると、チームの運命はシングルス2対決を戦う添田くんが担うことになります。

この状態は一見すると去年のクロアチア戦/イスラエス戦と全く同じではあるのですが、実は全く違うんです。なぜなら、初日のシングルスでは添田くんは負けているからです。
シングルス2を任された以上、1つでも勝つことは、チーム勝利のために果たさなくてはならないことだと思います。

この先の個人戦で目下の目標であるトップ100復帰を果たすため、その先への自信を繋げていくためにも、その悔しさをなんとか明日にぶつけて欲しいと思います。


相手はアレハンドロ・ファジャ(94位)

7月のワシントン以降故障のため試合には出ておらず、このデ杯が復帰戦。
初日のプレイは見ることができませんでしたが、特にブランクのようなものは感じさせなかったようです。


両者は今年3月のマイアミで対戦があり、5-7 1-6 で添田くんが敗れています。
得意の屋外ハードでこの結果ということに少し不安もありますが、当時のブログ記事を振り返ってみると、添田くんはこの大会は6週にも及ぶ長期遠征の最終週。心身ともに好調とは程遠い中での試合だったようで、書き出しておいてなんですが、参考にしようとする方が間違っています。
明日の試合がどれだけ重要なものか言うまでもなく分かっているでしょう。


とはいえ、それはコロンビアチームそしてファジャにとっても全く同じことが言え、初日同様激しい試合になることは容易に想像ができます。そして、また長期戦になるかもしれません。

昨日フルセットを戦っている不安要素はありますが、添田くんは絶対やってくれるはずです!!!!!

明日は正午スタートで、錦織→添田の順番でスケジュールが組まれています。




この記事と関連した記事

コメント(1)

  1. 若干辛辣な物言いかもしれませんが、個人的にはただ単にシングルスの上位4人を代表に選出することが果たしてベストな選択なのか毎回疑問を感じます。
    特に今回は錦織、添田両選手の比較的良好なコンディションを考えれば、杉田、伊藤両選手のシングルスにおける出番はまずないにも関わらず。
    解説でも松岡さんがしきりに「日本はダブルスのスペシャリストが居ないからしょうが無い面もある」等と仰っていました。
    果たして本当にそうなのでしょうか?近藤大生選手や松井俊英選手は国内外様々な選手と組んで結果を残してる。完全に「ダブルスの動きの何たるかを知っている選手」ではないのでしょうか。
    特に松井選手は今年チャレンジャー2勝で9年振りのダブルスキャリアハイ更新目前ですよ?
    スケジュールの面から見ても近藤松井の両選手は来週の台湾CHに出場しますが
    近藤選手の方はエントリー時点でシングルスも本戦in出来ていたのでどちらかの出場に支障をきたす問題もなかった。
    こういう優れた選手を「年齢」だけ(なのかは知りませんが)で足切りすることが果たして正しいことなのか、むしろこういう勝負所の場面だからこそ経験豊富なベテランも選出することで(そもそもダブルスで30なんてツアーで見ればまだまだ駆け出し、35でもバリバリやれるジャンルなはずなんですが・・)チームもより安定するのではないか、と毎度思わずにはいられません。
    しかし終わってしまったことは仕方がありません。錦織選手の言うように今日の最終日を「笑って終えられるように」するためにも、添田選手、錦織選手の奮闘を祈り応援したいと思います。

    モブ

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million