“最後の試合”CM




その言葉の輝きを残したくて“最後の試合”にしようと思ったのですが、余りにも語弊があるので(笑)、CMと付け加えました。

今日はたまたま見つけたCM動画を紹介したいと思います。

ネットでネタ系サイトの記事を読むのが好きなんですが、今日、いつも読んでるサイトで紹介されていたtotoの新しいCM映像が本当に胸を打つものでした。


何だか分からないけど、この映像を見て、涙が止まりませんでした。

私も中高時代は運動部で、特に高校時代は勉強そっちのけで部活に全てを注いでいましたが、試合に出られる機会はほとんどありませんでした。
そういう自分の痛みでもあるかもしれないし、真っ先に浮かんだ添田くんのことを思ってかもしれません。

努力した者皆が成功するとは限らん。しかし、成功した奴は皆努­力しておる。

「はじめの一歩」に出てくるキャラクター、鴨川ボクシングジム会長・鴨川源二の有名なセリフです。
この言葉も頭に浮かびました。


添田くんに今一番伝えたい言葉かもしれません。
そして、添田くんにもこの映像をぜひ見て欲しいと思いました。


といってももちろん、例え実らなくても・・・なんてことを思っている訳ではありません。
今は結果に現れていないかもしれないけど、今の頑張りが、今やっていることが、絶対に自分の力になってくれるはず。

テニスやスポーツに限らず何でもそうなんじゃないかと思います。もちろん世の中にはやっても意味のないことやムダな努力もあるでしょうが、私はそれは本当に少ししかないんじゃないかと思うんです。

調子がいい時は「この調子で頑張れ」と言い、悪い時は「なんとか頑張れ」と言う。
頑張ればっかりで、その言葉をかけられる方はたまったものではないかもしれません。

でも、それしか言えないし、今の道を歩もうとしている限りはそれを続けて欲しい。


その先に絶対報われる時は来るんじゃないかと信じています。
「やらずに後悔するより、やって後悔しろ」ということわざがあるかは知りませんが、私がモットーにしていることでもあります。


このCMを演出したのは、去年『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞で監督賞を受賞するなど高い評価を受けた吉田大八氏。
以前の作品にはどこか技巧ありきな部分を感じて余りいい印象は持っていませんでしたが、この映画では青春の様々な側面を見事に切り取っていて、本当に素晴らしかった。

今回のCMもですが、彼が描く青春とその痛み、そこに刺す光はホントに見事だと思います。




この記事と関連した記事

コメント(2)

  1. 人は明るい場所に真実を求めたがる。やってきた結果、努力の痕跡、勝利できた自分。
    努力が報われるという事が、勝利だけだとしたらトップの人間以外は恐ろしく不幸である。
    曾野綾子さんの言葉が全てを物語っている。
    「スポーツの最大の産物は、練習の鬼になり、勝って;なせばなる;などと確信することではない。練習しても練習しても、才能に限度のあることを知り、常に自分の前に強者がいて、自分に砂埃をかけて行くのに耐えて、自分を見失わないことだろう」

    teto

  2. 最近、仕事が忙しくて久しぶりに寄らせてもらいました。
    良いCMですね。ありがとうございます。

    添田さんはATPツアーレベルの戦いでランキングを維持して行くには、きっと何かが足りないのでしょう。
    戦術なのか、体力なのか、精神力なのか。とにかく今はひたすら努力を積み上げていくしかないですね。

    サンマ

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million