ゴフィンの試合を見て、反省す




今日は、前回書いた記事についての反省ブログです(笑)

月曜日にチェンナイ予選決勝戦で添田くんを破ったデビッド・ゴフィン(David Goffin/229位/ベルギー)の本戦1回戦が昨晩あり、ものすごく気になったのでライブストリーミングで見てみました。
数十秒、しかも片面コートしか映っていない動画では分からないことも、試合を見ることで色々知ることができるものですが、この人ムチャクチャ強いです!!

試合後、ネットを徘徊してみましたが、日本語で彼について書かれているサイトがひとつもなかったので、彼をぜひ紹介したいということと、反省の意をこめて、彼についての記事を書くことにしました。


動画でも少し思いましたが、とにかくポジションが前でアグレッシブ!!!
ポイント間に映し出されるボールを打った地点の分布映像(コートにその印を映し出すCGのやつ)でも、ベースラインより1メートルぐらい前に多く点が残され、そんなところからコートの両隅にボールを打ちまくり、なんというか超攻撃的で男前なテニスです。

対戦相手デバーマン(Somdev Devvarman)のプレイを見たのも今回が初めてなのですが、キャリアハイは94位(2010年9月)。先だってのアジア大会では決勝でイストミンに勝ってシングルスで優勝していますが、2009年のチェンナイでは決勝まで勝ち上がっています。
その彼が、ベースラインの後ろどころか後ろの壁近くまで下げられていました。完全に防戦一方となっており、これではとても勝ち目がない・・・。第2セットはなんとか粘りを見せていくらか競った内容になりましたが、デバーマンのホームであるにも関わらず、会場のゴフィンを応援する声はどんどん大きくなっていました。

そして、ライスト観戦しながらやっていたTwitterのタイムラインには、同じく見ている人たちから「ゴフィンすげぇ!」的なつぶやきもちらほらと。


で、案の定 2-6 4-6 というスコアで快勝。

チェンナイの公式サイトにデバーマンのコメントが出ていますが、「ゴフィンのプレイが本当によかった。自分のテニスはよかったし、言い訳はしない。なんというか付いてなかった」と、相手を手放しで称えています。

画像元:sporza



これまで下部大会の出場しかないため、英語のサイトでも詳しい情報やプロフィールを見つけられなかったのですが、写真の通りのイケメンですし、先月20歳になったばかりとこれからの選手。先物買い好きの方は、チェックしておいて損はないと思います(笑)

2回戦の相手は21位のワウリンカ。ゴフィンにとって今大会は初めてのツアー本戦なので、もちろんこれだけランクの高い選手との対戦は初めてです。
100位辺りの選手には充分勝てるとしても、トップ選手を相手にどこまで戦えるのか・・・個人的にものすごく注目しています。

まずは、ATPのサイトに早く詳しいプロフィールを載せていただきたいです(笑)

-----

で、何が言いたいかというと、間違っても「こんなに強い相手なら、添田くんが負けても仕方がなかった」ということではありません

巧く表現できないのですが、ネットで調べてもまともに情報も得られず、何者かもよく分からない(ちなみに添田くんも初めて見たとブログで書いてました)相手に負けたという衝撃というか一体何が!?という感じだったのが、実際彼のプレイを目の当たりにしたことで、謎が解けたとでもいうか・・・。

それでも、もう少し競った展開にはできたはずという考えに変わりはありませんが、それはもちろんそれができる選手だと思っているからこそ。
でも、終わった試合のことについていつまでもああだこうだ言っても仕方がないし、私自身がゴフィンのテニスに魅せられたのは紛れもない事実。


話はそれますが、去年の錦織選手の復帰戦となったバトンルージュチャレンジャーで彼を破ったカンケ(Tobias Kamke)は、当時170位台で、当時は「こんな聞いたこともない選手に・・・」と衝撃を与えながらも3ヶ月後には100位を突破、ベルディヒに勝ったりしながら最終的には昨シーズンを67位で終え、選手による投票でATPのNEWCOMER OF THE YEARを受賞。
去年9月のバンコクチャレンジャーで2週続けて添田くんに勝ったディミトロフ(Grigor Dimitrov)は、対戦当時190位でしたが、わずか2ヶ月ちょっとの間に106位にまでランクを急上昇させています。


自分が知らないだけでいい選手というのは沢山いるのだろうし、でも、これぐらいのランクの選手はお互い勝ったり負けたりでその差なんて本当に紙一重なんだろうと思います。

ファンとしては、目の前の勝敗にどうしても一喜一憂してしまいますが、そういう戦いを続けていれば、いつか殻が破れる時が訪れるはず。
去年の楽天でのモンフィス戦を見てそれを確信したし、アジア大会団体戦でのイストミン戦でそれはより強くなりました。

それがいつなのかは分からないけど、もう内側からひびは結構入ってるんじゃないかと思うんですよね~(笑)

-----

気が付いたら全豪予選まであと1週間を切りました。
結局チェンナイの本戦ラッキールーザーが叶わなかった添田くんは今日オーストラリアに移動のようです。
この時期のメルボルンは本当に厳しい暑さで、早くから現地入りして調整を始められることはアドバンテージになると思うし、個人的にも昨日の試合を見たことで、全豪に向けて「張り切って応援するぞ~!」と気持ちを前向きに切り替えることができました。


そんな訳で、長くなりましたが、前回の記事を読んであまりいい気分がしなかった方もいるかもしれません。
どうもすみませんでした。。




この記事と関連した記事

コメント(3)

  1.  前回の記事を反省しているようですが、sabumasaには、あまり小さくならないでほしい。はっきりいって、前回の記事は良い。添田選手の目標は、ロジャーです。添田君、忘れていませんか。今年は、添田選手に最低でもロジャーと対戦してほしい。松岡修造さんだって、当時トップ選手だったサンプラスやエドバーグに勝っているのだから、添田選手もできる。ゴフィンが強い?・・・私は知りません。やはり添田ファンとしては、予選での負けは歯がゆいのです。どう考えても、いくら考えても歯がゆい。これからも、楽しいブログ期待してますぞ。

    子育て中

  2. sabumasaと呼びつけてしましました。sabumasaさんに修正していただけますか。すみません。

    子育て中

  3. いやいや、そんなお言葉いただけてすごく嬉しいです!

    反省というのは、記事そのものに対してというのに加えて、どこか曇った心を持ってしまった自分に対する反省みたいなものも含まれていたのですが、でもよく考えると、添田くんの目標はフェデラーじゃないですか!やはりゴフィンごとき(失礼)に負けて納得してるようではいけないのです!

    ・・・という、熱い心を子育てさんのコメントのお陰で取り戻せたような気がします(笑)
    ありがとうございます!

    ・・・ということで、突然ではありますが、全豪に向けて応援企画やります!
    もしよかったら参加してみてください(^^

    sabumasa

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million