1セットがなかなか遠い・・・/全豪シングルス2回戦敗退




全豪シングルス2回戦が今朝行われました。

今日はこの試合のために会社を休んでいたのですが(爆)、試合についての本人コメントが出てくるのを待っておりました。

2013 Australian Open GRAND SLAM
2回戦
ジョーウィルフライ・ツォンガ(8位) def. 添田豪 6-3 7-6(1) 6-3


第1セットは完璧な立ち上がりでした。ツォンガの豪快なフォアを警戒して執拗にバックに打ち続け、ラリーになればツォンガにだって全然負けていません。この作戦は明らかに成功していました。ツォンガは自分から攻めてネットでポイントを取るタイプの選手だし、この打ち合いに心地の悪さがあったのか序盤から少しイラついているようにも見えました。
2-2からのサービスゲームをブレイクされ、このセットはそのまま3-6となりましたが、過去2戦と今日が違っていたのは、試合がしっかり形になっていたのではないかと思います。

スコアだけを見た人にとっては、第2セットはタイブレークに持ち込んだという風に見えるでしょうが、そうではなく、先にブレイクしたのを追いつかれて持ち込まれてしまったということは書いておかねばなりません。
第2セットは1-0からのリターンゲームでまずブレイクに成功し、サービングフォーザセットの5-3の 30-0まではよかったのですが、そこから猛攻に遭い、ブレイクバックを許してしまいました。

テニスナビに本人のコメントを交えてそのゲームでのことが書かれています。

添田豪、2回戦でツォンガに敗退、ターニングポイントを語る/全豪オープン


続くタイブレークでは、ミニブレイクされた3度いずれもが自分からのわずかなミスでした。

第3セットはツォンガが本来のアグレッシブなテニスが出てきて、いいサーブもどんどん打ち込まれてしまい、ブレイクポイントもないなかなか厳しいセットになってしまいました。


それでも、これまでの2戦と比べたらずっといい試合だったと思います。

今シーズンこれで3大会目ですが、映像で見られたチェンナイ2試合と全豪1回戦と比べて、精度も含めてかなりいいプレイができていたように見えるし、1セットがなかなか遠いですが、第2セットでは主導権を握ることができました。
同じストレート負けですが、その内容は少しずつよくなってきています。次こそは!

------------------------------

明日はダブルスの2回戦が入っています。

相手はコロンビアで長くペアを組んでいるJuan Sebastian Cabal / Robert Farah 組です。
コート8の現地11時(日本時間9時)スタートの3試合目に入りました。前の試合はいずれもダブルスなので、日本時間お昼前には試合が始まるのではないかと思われます。


ところで、Robert Farahは忘れもしない一昨年の全豪予選1回戦で添田くんが負けた相手です。
私が勝手にそう思っているだけなのですが、個人的にこの試合はこれまでの悔しい敗戦ワースト3には入る相手でして(笑)、そのリベンジを期待したい!!!

シングルスは先に破れてしまいましたが、ダブルスで先に2週目を経験して、そういう自信がシングルスの結果も引き上げてくれるということもあるような気がします。
ルー選手とは今大会で3度目のペアリングですが、初めて組んだ去年のローランギャロスで添田くんにとってのグランドスラム本戦初勝利をもたらし、それが翌月のウィンブルドンにも繋がりました。

明日はライブストリーミングもあるようです。




この記事と関連した記事

コメント(1)

  1. 最初は添田さんの方が押し気味でしたので、もしかしたらと期待しましたが、残念な結果に終わってしまいました。次に期待します。

    サンマ

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million