ジャパンオープンエントリーリスト発表!添田くんは現状本戦Alt 2番




10月1日(月)~7日(日)に本戦/9月29日(土)~30日(日)に予選が行われる楽天ジャパンオープンのエントリーが月曜日に締め切られ、本日、エントリーリストが発表されました。

日本人のATPファンにとっては、今年はどんな選手が来てくれるのか・・・という、大会期間中並みに待ち遠しい瞬間です!


今年の本戦カットラインは例年より高く、今年は添田くんもついにいけるんじゃないかと期待していた本戦ダイレクトインは叶わず、現状本戦Alt 2番でのエントリーとなっています。

去年はカットラインが77位で、一昨年は58位。その水準なら楽々ダイレクトインできてるのに、なぜよりによって今年だけ・・・(涙)

ですが、ここから大会スタートまでの間に例年数人欠場者は出ているので、充分繰り上がりインが期待できる位置にいるんじゃないかと思います。
もちろんいくら好きな選手の繰り上がりの為とはいえ、上位選手に故障してくれとかそういうことを思っている訳ではないですよ。当初見込んでいた以上に結果が出せた直後の大会は、出場を取りやめたりすることが多々あるものですが、そういうポジティブな欠場が多発して欲しい。

ちなみに、その欠場数ですが、去年は1人だったのに対して一昨年はなんと6人。そこまで欠場だらけというのもさびしいですが、今年は2人は出て欲しいなぁ~。あくまでもポジティブな理由で(笑)


さて、今年は本戦ワイルドカードが例年に比べてなぜか1枚多く、4枚となっていました。その分は本戦ダイレクトイン分の数をひとつ減らして帳尻を合わせているようです。

今の時点ではまだ分かりませんが、添田くんがもし繰り上がりでダイレクトインできて、その分のワイルドカードを日本人の若手選手に回すことができたら、どんなに素晴らしいだろうと思います。
例えば、守屋(去年の全日本優勝ですでに決定)、伊藤(現状、本戦Alt 9番・・・さすがにここまでの繰り下がりはないでしょう)、杉田に加えて、今年はもう1枚あるので、例えば内山選手にも本戦出場のチャンスが生まれます。

あるいは、全員日本人にせずに、イレギュラーで増やした分を海外選手に回すこともできるでしょう。
私は応援のスタンスとして日本人派なのですが、このワイルドカードに関しては4枚目は海外選手に出して欲しいという考えです。
これまでヨネックスの看板選手として毎年日本に来てくれていたヒューイットや、今年大ブレイクのゴフィン(日本にも北京にもエントリーしていません)、あるいは同じくどちらにもエントリーしていないフェデラーを飛び道具として電撃来日させるか・・・。

どうなるかは分かりませんが、夢はとにかく膨らみます(^^)


最後に、今年の出場選手一覧です。
大会公式サイトにリストがまだ掲載されていないので、Mens Tennis Forumsのコピーですが。。

1 Murray, Andy GBR 4
2 Berdych, Tomas CZE 7
3 Tipsarevic, Janko SRB 9
4 Monaco, Juan ARG 11
5 Almagro, Nicolas ESP 12
6 Raonic, Milos CAN 16
7 Simon, Gilles FRA 17
8 Nishikori, Kei JPN 18
9 Wawrinka, Stanislas SUI 19
10 Fish, Mardy USA 24
11 Troicki, Viktor SRB 30
12 Chardy, Jeremy FRA 33
13 Stepanek, Radek CZE 38
14 Baghdatis, Marcos CYP 39
15 Bellucci, Thomaz BRA 40
16 Monfils, Gael FRA 41
17 Nieminen, Jarkko FIN 42
18 Tomic, Bernard AUS 43
19 Haase, Robin NED 46
20 Paire, Benoit FRA 49
21 Klizan, Martin SVK 50
22 Robredo, Tommy ESP @50
23 Ramos, Albert ESP 51
24 Falla, Alejandro COL 52
25 (Q)
26 (Q)
27 (Q)
28 (Q)
29 (WC)
30 (WC)
31 (WC)
32 (WC)

Alternates

1. Lacko, Lukas SVK 54
2. Soeda, Go JPN 55
3. Dimitrov, Grigor BUL 56
4. Fognini, Fabio ITA 59
5. Harrison, Ryan USA 61
6. Matosevic, Marinko AUS 62
7. Mayer, Leonardo ARG 63
8. Lu, Yen-Hsun TPE 64
9. Ito, Tatsuma JPN 67
10. Garcia-Lopez, Guillermo ESP 68
11. Lorenzi, Paolo ITA 69
12. Baker, Brian USA 70
13. Ebden, Matthew AUS 71
14. Bogomolov Jr., Alex RUS 73
15. Kavcic, Blaz SLO 74


>>大会公式サイト




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million