見事な逆転勝ちで2回戦進出!次戦もライブストリーミングあり!




更新すっかり遅くなりましたが、朝のアトランタ1回戦は素晴らしい逆転勝利でした!

vs ザビエ・マリッセ(71位/ベルギー) 4-6 7-5 6-4


とり急ぎで書いた第5ゲーム途中での雨天中断から約2時間後試合が再開され、第1セットは双方完璧なプレイでサービスゲームではポイントさえほとんど与えない緊迫した展開の中、4-5からのサービスゲームで初めてポイント先行を許し、スッとセットを取られてしまいました。
ブレイクチャンスの兆しさえ全く見えない中で、添田くんのプレイが悪かった訳ではないと思います。
ただ、相手が余りにもよすぎて、ここぞのところでブレイクできるか否かが大きな差なのだろうかとも思いました。

という中でも、第2セットに入ると、マリッセのサーブは相変わらずよかったのですが、確率が少し下がり始め、そこからのラリーで徐々に優位に立てるようになっていきます。リターンゲームで徐々にポイントが取れるようになりました。
一方の添田くんもポイントでは競る局面もありましたが、第2セット以降はブレイクポイントすら与えていません。第2セットでは5-5からのリターンゲームをブレイクし、ファイナルセットでは2-2からのリターンゲームをそれぞれブレイクしました。


今日の試合で一番素晴らしいと感じたのは、上にも書いた「後半ポイントでは競りながらもブレイクポイントを与えなかったこと」、そして、その理由として挙げられるであろう、サーブのよさです。
ウィンブルドン直前、これまでよりも薄くしたグリップしっくりきてウィンブルドンではいいサーブを打てていたようです。

芝ではファーストサーブの確率を高く保つことが戦っていく上での最低条件である感もありますが、これがハードコートになれば「有利な武器」と意味合いも変わってくると思います。今日の添田くんはまさにそれがピッタリと当てはまる状態でした。
ピンチをサーブで切り抜けられる。これほど心強い武器はないと思います。
もちろん言うまでもなく、技術を助けるメンタルの要素も忘れてはなりません。


今日は新グリップ導入以来、ハードコートでの初めての試合となりました。
今日の試合についてサーブが特によかったと日本メディアに対してコメントをしたようです。
日によって好不調の波はあるでしょうが、久しぶりのハードコートでサーブを軸にいいプレイができたことは、2回戦以降にいい影響を与えてくれると思います。


という訳で、4時間後には2回戦です。

相手はウィンブルドン1回戦で下したイゴール・クニツィン(132位/ロシア)となりました。予選を勝ち上がり、本戦1回戦も絶好調のブライアン・ベーカーをフルセットで倒しての2回戦進出です。

1回戦に続いて現地時間16:00(日本時間午前5:00)スタートの第1試合に組まれました。
今回もライブストリーミングありです!

とにかく急いでアップして試合に備えて寝なければ!ということで、推敲も何もせずに加えて、リンクとかもろくに貼りもせず。
どうもすみません。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million