いよいよデ杯プレイオフ!日本チームはファン騒然の「省エネ作戦」!?




いよいよ今日から、デビスカップワールドグループ入れ替え戦対インドが始まります。

数日前、インドチームの最強ダブルスペアの片割れ、パエスの欠場が発表され、ドローにどのように影響が出るのか予想しかねていましたが、昨日オーダーと対戦の組み合わせが発表になり、予想されるオーダーから変更をしてきたのはインドではなくなんと日本でした。

【第1日】
シングルス1 
杉田 祐一 vs. ソムデブ・デブバルマン
シングルス2 
錦織 圭 vs. ロハン・ボパンナ
【第2日】
ダブルス
錦織 圭/添田 豪 vs. マヘシュ・ブパシ/ビシュヌ・バルドゥハン

【第3日】
シングルス1 
錦織 圭 vs. ソムデブ・デブバルマン

シングルス2 
杉田 祐一 vs. ロハン・ボパンナ


このように発表されました。
3日目のシングルス1が両国のエース対決になりますが、ウズベキスタン戦に続いてダブルスに錦織圭選手の名前が入っていること以上に驚いたのが、もうひとりのシングルスに添田くんや伊藤竜馬選手ではなく杉田祐一選手が起用されたこと。

シングルスナンバー2には添田くんと伊藤選手のどちらか調子のいい選手が入るだろうと思っていたので、これはホントにびっくり・・・Twitterでもかなりの衝撃が走っていました。

そして、「また錦織に頼らざるを得ない」とか「錦織がまた怪我をしたらどうするのか」などといった声もあちこち見かけたのですが、私はこのオーダーには2枚3枚と裏があるのではないかと推測しています。


パエスが欠場する代わりの選手バルドゥハンが出場することになり、大方の人はシングルスナンバー2に入っているボパンナ(ダブルス世界ランク14位)が代わりにダブルスに入ると予想したと思いますが、私はそれはないだろうと踏んでいました。
なぜなら、ダブルス専門選手であるボパンナに単複両方をまかせるのはリスクが大きすぎ、ダブルスの1勝を得るためにフューチャーズレベルであるバルドゥハンにシングルスを任せてしまっては、シングルス2勝をみすみす相手(日本)に献上するようなものだからです。
ということで、インドは4試合あるシングルスの戦力をそのままにするのと引き換えに鉄板であったインドのダブルスに接戦の余地を与えるオーダーにしてきました。


方や日本ですが、ダブルス捨て布陣を組んだメンバー構成から一転、ウズベキスタン戦同様錦織添田ペアを選択。これは「ダブルスを取りにいく」ペアです。

ウズベキスタンのダブルスもそうでしたが、エースのイストミンではないもうひとりの選手(名前調べる時間がない・・・)はサーブ200km超えのビッグサーバーでしたが、言ってみればそれだけの選手で、リターン力の高い日本ペアは彼のサービスゲームを徹底して狙い、ブレイクしてストレート勝利をもぎ取りました。
ひとりがムチャクチャ強くてひとりがそうではないというダブルスがどういうものになるかちょっと想像がつかないのですが、今回のインドペアに関しても、ウズベキスタンと同様、勝ちを取れる可能性は充分あると思います。

ダラダラと分かりにくいですが、つまり、日本は3日目を2勝1敗で迎えられる可能性が高い。
(個人的には杉田選手にデバーマンを倒してほしいと思っていますが、普通に考えればここは負けと考えるのが順当です。。)


となった時に、以下は、私があれこれ考えた妄想です。

3日目を2勝1敗で迎えた場合ですが、錦織選手は最終日出場しないのではないかと予想しています。
なぜなら、日本にはシングルス要員に杉田選手以上といえる添田くんとオーダーのどこにも入っていない伊藤選手が控えています。デバーマンとのシングルスに勝てなかったとしても最終戦は勝ちが見込めるものだと思うので、最終日を添田・伊藤で回して1つ勝てばいい。
というか、私は添田くんならデバーマンに勝てるかもしれないと普通に思っていますので、日本の4勝1敗というのもあるのではないかと(^^

つまりこれは、選手各人の労を最小限にチームとして勝ちを取りに行く「省エネ作戦」です(笑)


有明にまで足を運ぶファンは、錦織選手とデバーマンとのエース対決を楽しみに行く人もいるだろうけど、ウズベキスタン戦で3戦フル回転した代償に、錦織選手は肩に痛みが出て1ヶ月戦線離脱せざるを得なくなりました。
ワールドグループ入りはもちろん大切なことですが、そのために彼ひとりを酷使させるのではなく、変な表現ですが、作戦としてセコかろうが、ファンの期待を裏切ることになろうが、勝てばいいんです。
チームの総合力という意味では、日本は本当に高いものを持っていると思うし。
(と考えると、ウズベキスタンの時もその作戦でいけばよかったのでは・・・?と思ったり)

というか、プレイオフというこれまでとは重要度が全く違う試合で、強豪国ひしめく中で最もラッキーといえるインドを引き当て、日本での開催、そして有力選手の欠場・・・ここまで日本にとっての好材料が揃うことなんて二度とないでしょう。

この対戦、日本は絶対に勝たないといけないです。


なんだかダラダラと書いてしまいましたが、そんなことを考えているうちに、すっかり日本チームが勝利できる気分になってきました(^^

さあ、これから支度を開始して私も3日間日本チームと一緒に戦ってきます!!!




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million