全豪2回戦、ストレート敗退ながら大きな収穫も




先ほど全豪オープンシングルス2回戦、ベルダスコ戦が終わりました。
3-6 2-6 6-7(3) 残念ながらストレートで敗退です。。


この試合は色んな意味合いがあったと思いますが、私が思うのはひとつ。
トップ50選手との試合は、去年の全豪マレー戦以来1年振りとなります。しかも相手は元トップ10で百戦錬磨のベルダスコ。

久しぶりにトップクラスの選手と試合をする中で、去年多く出場していたチャレンジャーでは通用した部分も彼のような選手には逆にチャンスボールとなってしまったりとんでもないボールが返ってきたりと、想定していないことも多かったと思います。
決して悪いプレイではなかったと思いますが、第1セットと第2セットはその差が出てしまったような気がします。

でも、第3セットは添田くんもそれに慣れてきたのは一段高いレベルでプレイを続けられ、自分の持ち味を充分生かす中で双方ブレイクなしのタイブレークまで持ち込むことができました。
これからは、このテニスを第1セットから出来るようにならなければなりません。


1回戦の勝利でランキングを久しぶりの80位台に戻すことができ、大会によってはツアー本戦で、予選であってもいいポジションで戦い続けることができます。
自分のテニスを貫きつつさらに一段レベルを上げていくためには、しばらく遠ざかっていたツアーレベルにもう一度身を置き、その中で戦い続ける以外にないような気がします。

2月9日週のツアー500大会、ロッテルダムに予選エントリーも確認できました!
厳しい戦いではあるかもしれませんが、そのスタート地点にもう一度立ったのかな・・・と思うと、本当に感慨深いものがあります。


遅くなりましたが、試合後の本人コメントなど出揃ったので、以下加筆です。



試合後の本人コメントは、JTAのメールマガジンが一番詳しく書かれていました。

>>JTAメールマガジン「Tennis Fan (テニスファン)」



そして、後になって知ったのですが、昨日の記者会見はサッカー全日本代表のユニフォームを着用して臨んだようです。
一部ですが、WOWOWの動画サイト「W流」にその模様がアップされていました。

W流

W流より(映像視聴には登録が必要/無料)

サンケイスポーツの記事によると、1回戦当日に近隣会場で行われたサッカー日本代表のヨルダン戦を添田くんも観戦。昨日の試合ではバッグにこのユニフォームも入れていたそうです。
そしてそれを着用するというあたり、日本人選手としての強い誇りを改めて感じさせられます。
また、1回戦2回戦通じてすごかった観客からの大声援に対するひとつの答えなのかもしれませんね。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2022年10月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million