善戦及ばずシドニー予選2回戦敗退




先ほど、シドニー予選2回戦が終了しました。

vs ブラズ・カブチッチ(104位/スロベニア) 1-6 6-7(0)


最初のリターンゲームで2ブレイクポイントのチャンスだったのですが、カブチッチは非常にサーブがよく、エースもからめて簡単にしのがれ、逆に添田くんが先にブレイクを許すスタートとなりました。
第1セットはその後2ゲームでブレイクチャンスがありましたが全てしのがれ、第2セットはそのチャンスさえ来なくなった・・というか、ポイントさえ取るのが難しくなってしまいました。
第2セットは添田くんもサービスゲームでスタッツがグッとよくなり、ブレイクポイントを与えたのは1ゲームだけで安定してキープを続けてはいましたが、好調の相手を前にタイブレークに持ち込むのが精一杯だったのかもしれません。

5-4からのリターンゲームで、このセット初めてのチャンスが訪れ、2セットポイントまで持ち込んだのですが、またしても全く危なげなくしのがれてしまいました。
後で見てみると、カブチッチは第2セットだけでエースを7本取っています。簡単ではないのは分かっていますが、セットポイントを生かせなかったことで、勝負はほぼ決まってしまっていたのかもしれません。相手にしてみれば自分のゲームに全く不安がない分、リターンゲームでプレッシャーをかけられる余裕もあったのかもしれないです。


第1セットは自分のサービスゲームはともかく、リターンゲームではかなり競ることができていましたが、結局全てしのがれてしまいました。でもよく考えると、それが男子選手では基本です。
という中で、自身のサービスゲームが重要になってくるのですが、映像を全く見られていない中で多くのことも言えませんが、今日の試合に限らず、このところの添田くんは訪れたピンチをしのげずブレイクされることが少し多い気がします。

ここ数年開幕でスタートダッシュを見せてきていた分、少し不安もありますが、ファンとしては一試合一試合に余り一喜一憂せずに応援するしかありません。


次の試合は全豪になります。
あっという間ではありますが、添田くんは2連覇中のマウイチャレンジャーに今年エントリーをしておらず、デ杯前最後の試合が全豪ということにもなります。

次の試合まで少し時間ができたので、じっくり練習とトレーニングに取り組んで、全豪でひとつでも勝って欲しい!!!


添田ファンとしては体が空いてしまうので、来週は全豪予選で盛り上がりたいと思います。
全豪予選には、おなじみの伊藤、杉田、守屋の3選手に加えて、今回はダニエル太郎、内山、近藤の3選手がグランドスラム予選初挑戦。関口選手もAlt 7番となっており、可能性はまだまだあるのではないかと思います。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million