【ウィンブルドン本戦出場記念】Go Go 添田豪!!! なつぶやきまとめ




来週出場のウィネトカチャレンジャーに向けてもうアメリカへの移動は済んでいる頃だろうし、ちょっと鮮度に欠ける記事になってしまいますが、おそらくこれが今年のウィンブルドン最後の添田関連記事です。

最終回となる今回は、日頃テニス観戦で活用しているTwitterで、予選から本戦1回戦終了後まで「Go Go 添田豪!!!」なつぶやきをしている人たちのコメントを集めてみました。


Twitterには、それをより便利に利用するためのアプリや外部サイトがあるのですが、その中のひとつにTogetter があります。何かについてのディスカッションや意見交換など、時間の経過とともにタイムラインの下へと流れていってしまうには惜しいやりとりをアーカイブ化して一覧で見られるもので、最近この存在を知り、なかなか便利なサイトだなぁーと、何かに使ってみたかったのです(笑)

方々に散らばっている添田くんに関するつぶやきの全てをチェックするのは不可能なので、「添田」という文字が含まれるものをチェックしてみました。
「豪」とか「Soeda」と表記されているものは除くという意味で、名前が入っていないつぶやきは検索のしようがないので、これも含まれません。
リアルタイム性に富んだTwitterならではだなと感じたのは、ツォンガ戦の最中、つぶやきが爆発的に増えていたことです。

情報収集のために見つけられる範囲で添田くんのファンと思われる人はひと通りフォローしていたつもりなのですが、それ以外にも深夜遅い時間だったにも関わらず、映像もないライブスコアを見るためだけにこれだけの多くの人が起きていて、同時に応援をしている人たちがこれだけもいたのか・・・!という感激はとても大きいものがありました。

そして、それはやはりグランドスラムだからなのでしょう。

Go Go 添田豪 !!!!! なつぶやきまとめ

http://togetter.com/li/151811


250以上のつぶやきを読んで、特に感じたことをふたつ書き出したいと思います。


① 対ツォンガ戦がWOWOW、NHKいずれの放送カードにも入っていないことを疑問に感じている人が少なからずいた

日々行われる膨大な試合の中で、見たいと思うカードは人それぞれ違うでしょう。
日本人のテニスファンの誰もが日本人選手に興味を持ち、応援している訳ではないことはもちろん分かっています。
それでも、私自身は、日本のTV局には日本人選手の試合を放送して欲しいと思っています。

添田くんはこれまでグランドスラム本戦では未勝利だし、こちらからリクエストを出さなくても必ず放送される他の選手と比べるとランキングや実績、知名度では明らかに劣ります。
でも、テニス観戦に日常的に関心を持っている人は、日本人の男子選手が本戦で戦うことの意味の大きさをきちんと認識していて、放送の有無がそれらによって左右されるべきではない、と感じている人は多いのかもしれない、と知ることができたのは、私にとってもすごく嬉しいことでした。


② トップ選手相手への健闘をたたえる声の多さ

ツォンガはジャパンオープンでの優勝経験もあり、日本でも知名度はある選手だと思います。それを相手に今回のスコアは、誰もが「大健闘」だと感じるものだと思います。
補足すると、「意外に」とか「思ったよりも」とかいう言葉も多かった(笑)

ローランギャロスでその成長をこの目で確かめたはずの私でさえ、パワーが売りのツォンガ相手に、芝のコートでこれだけいい試合ができるとは正直思っていませんでした。
ということは、試合を見たり、日常的に選手の活躍を追っていない人にはなおさらだと思います。

グランドスラムがそれだけ広くテニスファンの注目を集めるものであるということはもちろんですが、言い換えると、日頃彼らがいかに添田くんの活動について情報を得る機会がないということの裏返しでもあるのかな、と感じました。
つい最近までチャレンジャーの大会をメインに戦っていたので当然といえば当然かもしれませんが、こういうことは余り書きたくありませんが、某テニスサイトは、今大会の添田くんの本戦の結果すら上げてませんからね・・・( ̄_ ̄

そうやって、今回得られた関心・期待がこの先も続いていってくれればなぁ・・・と思ったり。
もちろんそのためには、結果が必要なんですけどね。

------------------------------

最後に、一番最後に「番外編」を加えました。


ツォンガ戦翌日、クルム伊達公子選手とヴィーナス・ウィリアムズの試合中、ファミリーボックスで観戦をしていた添田くんがやたら映し出されるのに気づいた方は多いと思います。
ものの20分ぐらいしか試合を見なかった私でさえ、錦織圭選手も含め他にも関係者は沢山いるのに、なぜ添田くんばかりなのか・・・と(笑)
そして、そう感じたのは私だけではなかったようです。

これこそ直後の鮮度のあるうちにアップすべき内容だったんですが、読んでいて異色すぎるというか爆笑モノで、これは違った意味で記念になるなと思い、その目撃つぶやきもまとめてみました。
(その試合を見ていない方には何のことやら分からないかもしれません・・・)


こういうおまけも含めて、リアルタイム性に富むTwitterの力(面白さ)を改めて痛感した数日でもありました。




この記事と関連した記事

コメント(2)

  1. 初めまして 最近拝見するようになりました グランドスラムで日本人選手を応援するのが好きです こちらのブログを読みwowowに添田選手の試合のリクエスト出してみましたが残念ながら全ては放送されませんでしたね・・・ 錦織選手のほうが注目度が高いのは仕方ないですがもうちょっと配慮してほしいものです 最近は伊藤竜馬選手もいい位置までランキングを上げてきているので3人が本選出場なんてこともあるかもしれません そのときwowowがどのような対応をしてくれるか一抹の不安はありますが、諦めず声をあげていきたいと思います

    鳴かず飛ばず

  2. >鳴かず飛ばずさん

    コメントありがとうございます!
    まぁ今回は錦織選手と試合がほぼ被った時点で無理だなとは思っていました。。
    ご指摘の通り、伊藤選手も含めて3人本戦出場は現実味のある話で、そこに女子も加わったら全員放送というのは、現行のWOWOWの放送形態では完全に不可能だと思います・・・が、そういう状態って、日本テニス界にとってそれこそ新たな時代です。
    協会(になるのかな?)にメディアへの売り込みとか頑張ってもらって、なんとか世間におけるテニスの認知度を上げ、根本的なところから変わるしかない・・・ホントに小さなことですが、このブログがその一端の一端になればなぁ、という思いで日々記事を書いています。

    これからもよろしくお願いします(^^

    sabumasa

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年8月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million