くやしーーーーーーーーーー゛(ノ> <)ノ




今日行われた釜山チャレンジャーの準決勝、

vs デュディ・セラ 6-1 6-7(4)4-6

実に悔しい敗戦になりました。。


大会公式サイトに試合のレポートが出ていたのですが、ハングルは当然のことながら全く分からないので、google翻訳で訳された(無茶苦茶な)日本語の範囲で理解ができた部分だけこちらに書き出すことにします。

【第1セット】
・セラは添田を左右に走らせるが、添田のディフェンスを前に無理な攻撃を強いられ、ミスを重ねる
・セラはそれをものともせず、最初のセットはラリーを通じて相手のプレイの長所や短所を把握しているかのよう

【第2セット】
・この試合のハイライトとなった
・セラが1ブレイクしての5-4からのサービングフォーザセットで、6回のデュースの末添田がブレイクバック
※補足※ 公式サイトのスコアは、第2セット途中添田くんから見て1-3となっていたので、セット序盤でブレイクされたのを4-5からブレイクバックして並んだことになります

【第3セット】
・2-2からの双方のサービスゲームでブレイクし合って3-3、その後キープで4-4
・その次の添田のサービスゲームで添田の長いボールが2度アウトになり、セラがブレイク
・セラのサービングフォーザマッチで添田のリターンが今度はネットにかかり、40-15

【その他】
・添田のストロークは非常に長く、正確だった。1stサーブの確率は非常に高かった


他に全く情報がないので本当のところは分かりませんが、セット終盤4-4からのブレイクというのはその解釈に少し迷うところがあります。
例えばトップ選手や、明らかに格下選手との対戦の時、変な表現ですが、相手に付き合って4-4からのリターンゲームで一気にギアをあげて1ブレイクでセットを取る・・・ということがよくあるからです。添田くんが攻めてのミスだったのか、セラがこのゲームでギアを上げただけなのか・・・。

ともかく、本当に悔しいとしか言いようがありません・・・(T T


越智コーチのブログによると「お互い体力も落ちず、一瞬たりとも気持ちを緩める事の出来ない試合」だったようです。

添田くんは今日のようなフルセットに及ぶ接戦になった時ファイナルセットで大失速をすることが時々あり、今日はしかも技術的には明らかに上手であろう選手です。(それは体力面以上に精神的な要因が大きいのではないかと推測しています)
負けたことに変わりはありませんが、ここまで戦えたことは、着実に進化している証拠だと思います。

悔しいですが、気持ちを切り替えなければ!


今大会で上位進出したため、当初エントリーしていたツアー250大会のニース予選には出られなくなりました。
次の試合はローランギャロス本戦です!

そして、それは私がこの目で見ることになる試合です!!!

---------------------------

同じく準決勝に臨んだ伊藤竜馬選手はルーをストレートで下して決勝進出です!
正直のところまさか勝つとは思ってませんでした(すみません・・・)が、とにかくすごい!

この時点で来週月曜付けのランキングで添田くんを抜き(ポイントでは並びますが、年間の出場試合数が多い伊藤選手の方がランクの上では上になります)、優勝すれば一気に98位付近。
日本人男子の現役選手として3人目の2ケタランカーの誕生です!
(ちなみに伊藤選手は今後7月末までにポイント失効がわずか32しかなく、これはチャレンジャーベスト4の1回分に匹敵するので、明日勝てなかったとしても、100位突破は時間の問題と言えるでしょう)



先だって添田くんが念願の100位突破を果たしたことで、テニス系媒体はこぞって「日本男子テニス界に新時代到来」と書き立てましたが、本当にそのような状況になってきました!

でも添田くんをはじめ、日本人男子選手を広く応援している身としては、100位突破にいちいち周りが反応しなくなるような、そこに何人もいるのが当たり前のような、そういう時代が来ることを心待ちにしています。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million