ベルガモCH2回戦 ファイナルタイブレークで敗退(試合フル動画付き)




昨晩ベルガモチャレンジャーの2回戦が行われ、

vs Alexander KUDRYAVTSEV 6-4 2-6 6-7(2)

惜しくもファイナルタイブレークで敗退。
仲良しのセッピと準決勝で対戦するのを楽しみにしていましたが、それは叶いませんでした。

今回も試合のフル動画があるので、2時間4分、たっぷりどうぞ・・・。

Watch live streaming video from etennistv3 at livestream.com


KUDRYAVTSEVはサーブ、特にアドサイドからのサーブが強烈で、その調子が徐々に上がっていく中で返すのが精一杯、なかなかチャンスがありませんでした。(3セットそれぞれ1stの確率は70%台)
それでもセカンドサーブになった時とデュースサイドからのサーブにはまだ付け入る余地もあり、実際幾度となくデュースや2ポイントまでは取れていました。
そして、バックの深いところに打つと大抵ミスをしていたので、そこはしっかり付けていましたが、相手が左右に深く打ち始めるなかなか厳しい場面もありました。

しょっぱなでブレイクを許し、ファイナルセット0-3になった時には先週ヨハネスブルグ2回戦でのファイナルベーグル負けが頭をかすめましたが、1-3からブレイクバックに成功して3-3とタイに戻し、タイブレまで行ったのは見事だったと思います。
だからこそその次のゲームでのブレイクポイントを生かせなかったのはホントに悔やまれます。そこは相手のバック深くに攻めに行った結果のアウトで、仕方ない部分もあるかもしれません。

サーブがいい選手が相手だと本当にチャンスが少ない。そういう相手と対戦する時は、数少ないチャンスを確実に生かせないと勝つのは難しいということを痛感させられました。。


あと、ひとつ気になったのは、1stサーブの入り方です。数字だけで見ると第1セット69%、第2セット56%、ファイナルセット58%とよく、エースも10本(3セットになったこともあるでしょうが)とこれまで見たことのない多さでそれ自体はいいことなんですが、ファイナルセットは途中まで70%台だったのが後半以降は入っているという印象が全くなくなり、均してみての数字が58%だということです。
極端な例ですが、同じ確率50%であっても1つのゲームが全部エースでも、次のゲームで全部ダフォれば意味がないし、第2セット2-5からのサーブでは15-30から2本続けてダフォってセットを失うという局面がありました。
そして、タイブレークでは1ポイント1ポイントがますます重要になってくる(最後のタイブレで打ったサーブ4ポイントのうち、1stが入ったのは2本のみでした)。

言うは易しであることは分かっていますが、そういう「ゲーム単位」でのサーブの質を高めることも大事なのではないか、と感じました。


・・・と、あれやこれやと書いてしまいましたが、先週今週とライブストリーミングで試合が見られたので、去年のジャパンオープン以来知るよしもなかった「最近どんなテニスをしているのか」ということが少し分かったし、とても嬉しい2週間でした。


次の大会は来週のツアー250大会マルセイユに本戦Alt 18でエントリーがあります。
予選は明日土曜日からになりますが、この大会を含めると今遠征6大会目となり、相当疲れも溜まっていると思われ、出場するかどうかはなんとも予想がつきません。。

いずれにしてもこの大会がデ杯前最後の大会になると思われ、そういう意味でも最後の力を振り絞って出場して欲しいというのは個人的に思うところです。

予選ドローは現地金曜日夜に発表されるので、明日朝には出るかどうかが分かります。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million