悲しみのトンカツ定食 ~全豪予選1回戦敗退




今日は全豪予選初日ということで、双方の職場が徒歩2分であることが分かった日本人選手応援仲間さんと全豪決起ランチということでトンカツを食べに行きました。

しかしながら、まさか第1試合に入るとは思わず事前に日程を組んでしまい、その時点ですでに添田くんは負けてしまっていました(苦笑)
ということで、さながらsabumasaを励ますランチのようになってしまい、大変申し訳なく、同時に感謝もしています・・・。

お陰でどうにかこうにか次に向けて切り換える気持ちになれたので、次こそは勝つぞーーーーー!ということで、写真をアップします。。

和幸の和幸御膳。後のせの大根おろしが美味しかったです(笑)


で、午前中に行われた全豪予選1回戦、

vs Robert Farah 6-7(7) 4-6

全豪での初勝利はまたしてもお預けになりました。


ライブスコアで観戦していて、相手のサーブがかなりいいなという印象を受けました。
最終的には1stの確率は56%でしたが、そこからのポイント取得率が87%ととにかく高く(2ndからのポイント58%)、添田くんが掴んだブレイクポイントはわずか1つのみ。それ以外はデュースに持ち込むこともできませんでした。

対する添田くんは1stサーブの確率が相変わらず悪く42%でしたが、8度もブレイクポイントを握られながらもその度によく凌ぎました。1stからのポイント75%、2ndからのポイント56%という数字も比べてしまうと見劣りしますが、悪くない数字だと思います。
が、第2セット1-1からこの試合で唯一となるブレイクゲームとなり、安定した相手のゲームを崩すことができず、そのまま負けてしまいました。

こう振り返ると、ほとんどチャンスが訪れない中よく踏ん張ったと思います。
でも、たとえ1度もブレイクできないとしても勝つ方法はあるし、実際タイブレークではセットポイントもありました。

グランドスラムという大事な試合で相手にベストに近いプレイをされての予選1回戦負け。
本人はもちろん悔しいでしょう。でも、ファンだって悔しくて仕方がないのです。やり場のない気持ちをどこにぶつけたらいいのか分からないから、尚更悔しいのです。


ただ、改めてこのブログについて考えた時に、管理人としてやるべきなのは試合について自分の分かる範囲で詳しく記録し、そういうことを素直に書くことだと思うのです。

このブログを立ち上げることにしたきっかけは、試合結果やスコアだけでは決して分からない添田くんの頑張りを少しでも多くの人に知って欲しいからというものでした。

今回、添田くんは「格下」の選手に2セットで負けました。
テニスサイトにはせいぜいそれだけしか書かれないだろうし、実際そんな記事も目にしました。

でも何をもって格下と言うんでしょうか?
見たこともない選手のことをよく格が低いと言い切れるもんだ、と逆に感心さえします。


大事な試合で負けたことについてなんて正直書きたくありません。
でも、負け惜しみを並べるためではなく、こういう敗戦こそ未来に繋がる糧になると信じているから書くのです。

私がファンになってもうすぐ2年、デ杯やジャパンオープンなど、できる限り生観戦をしてきた中で、明らかに添田くんは進化していると断言できます。
ただ、ジャパンオープンのモンフィス戦、アジア大会団体戦のイストミン戦など、目覚ましい成長を感じさせる試合もある一方、全米予選の杉田戦、豊田チャレンジャーの伊藤戦、今日の試合など、負けてはいけない試合ほど勝てていない印象もあります。

敗戦からの切り替えは早い方がいい。でも、どうすれば次は負けないか、勝つために何をすべきなのか・・・惜しい敗戦であればあるほど、未来へのヒントが隠されているはず。それとしっかり向き合い、何かを得て欲しいと思います。



ということで、これをもっていじけモードは終了!

次の試合は1月24日週のシンガポールチャレンジャーです。
しばらくは会場で出場選手と練習もできるかもしれません。また次に向かって頑張って欲しいと思います!




この記事と関連した記事

コメント(3)

  1. 添田豪年間ストーリー、いきなり外してしまいました。。。
    とはいえ、まだまだ予想の第1ステップを外しただけ。

    どっからでもリカバリーしてくれるでしょう(と期待)。

    当面の目標の100位内を”かるく”クリアすべく引き続き頑張って欲しいです。

    Atagoyama

  2. 今年こそは本戦に!と思っていたのですが。。
    そう簡単にはいかないものですね;;
    添田くん、どのショットもうまくて、
    得意・不得意があまりなさそうですよね。
    だからか、どういう形でポイントを取ろうとしているかが
    観戦(応援)していてわからないことが多いです。
    モンフィスみたいに上位選手であれば、
    こちらから仕掛ける場面はあまりないからいいのだけど、
    同じくらいのレベルの選手との対戦では、
    時機を見ながらも、勝負するポイントが必要なのではと思います。
    なんか偉そうな書き方になっちゃいましたが、
    添田くんにそういう勝負強さが見られたら、ほんとにうれしいなぁ。
    ポテンシャルは充分にあると思っているので、
    今年の大活躍を期待しています!!

    #少し妄想してはみたのですが…なかなかまとまらず。。
     参加できなくて、ごめんなさいでした。

    tomoca1216

  3. >Atagoyamaさん

    昨日から今日にかけて、なぜか私が色んな人に励まされ(最近そればっかりw)
    すっかりいよいよブレイクが近いような気がしてきました・・・(笑)

    今年のジャパンオープンは錦織くんともども、WCの力を借りずに
    自力本戦インできれば、本当に最高ですね!

    >tomoca1216さん

    コメントどうもありがとうございます!
    杉田選手とかを見ているとポイントまでのビジョンが見ている方にも
    はっきり分かりますが、添田くんは少し受身なところがあるかも
    しれないですね。。
    ただそれは例えが大きすぎますが、マレーがずっと散々言われてたことで、
    去年の全米だったか突如変貌していて驚きました。
    そういう変化ってふっと訪れるものなのかもしれません。

    それも含めて、今年、期待しています!

    妄想・・・またウィンブルドン前にでももう少し期間を長くしてやってみようと
    思うので、その時ぜひご参加ください!!

    sabumasa

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million