明日、全豪オープン予選がスタート!!




今日全豪オープン予選ドローが発表になりました。

8選手ごとに1枚の本戦の切符をかけて争う予選で、添田くんは山の第1シードグループに入りました。その8名とは以下になります。

Go Soeda JPN (8)
v
Robert Farah COL 192位

Maverick Banes AUS 1132位
v
Simon Stadler GER 290位

Laurent Rochette FRA 245位
v
Samuel Groth AUS 261位

Arnau Brugues-Davi ESP 361位
v
Alexandre Kudryavtsev RUS (24) 149位


本戦で1回勝つよりも難しいと言われるグランドスラム予選で楽な相手などいませんが、今回は比較的いいドローになったのではないかと思います。

1回戦はコロンビアの192位Robert Farahとの対戦になりました。

この選手とは初対戦になります。プロ登録をしていないようで、ATP HPのプロフィールとWikipediaによると、アメリカの大学テニス王者を決める団体戦”NCAA team championships” で南カリフォルニア大学が2009年・2010年と2連覇していますが、その優勝メンバーのようです。
ATPでの実績としては、去年から本格的に参戦を始め、チャレンジャーで優勝とベスト4が1回ずつ、ベスト8が3回あります。
好きなショットは「サーブ」。身長が193センチと長身なので、ビッグサーバーであることが予想されます。

アメリカの大学テニスはものすごくレベルが高いと聞くし、本格参戦1年目でランクなしから一気にチャレンジャーで優勝までするのだから、ちょっと油断できないですね。。


ところで、最近知ったのですが、初めてのグランドスラムとなった2007年全豪(本戦ワイルドカードでの出場)以降、これまで全豪予選に3回出場していますが、この4年間、全豪の舞台で1つも勝ち星を上げられていません。

“豪”だけに、ファンとしては勝手に全豪を添田くんの大会みたいな扱いをしてみるのですが(笑)、それゆえ厳しい洗礼を浴びる結果となってしまうのか(まぁそんな物語チックなことはないだろうけど)、選手によっては相性のいい大会とか悪い大会とかあるようだし、本人に聞いてみないと分かりませんが、もしかしたらそれが積み重なって変な苦手意識やプレッシャーとなっている・・・ということもあるかもしれません。

ただ、第1シードだろうがギリギリで滑り込めた下位の選手だろうが、本戦を目指して戦う挑戦者であることに変わりはないのです。

目指すはもちろん予選突破ですが、まずは目の前の初戦です。初戦はどんな相手でも緊張するだろうけど、自信を持って、でも最後の1ポイントまで守りに入ることなく、思い切ってやってきて欲しい!!

>>全豪オープン 予選ドロー


試合は12番コートの第1試合、試合開始は現地時間午前10時(日本時間朝8時)です。

>>全豪オープン 明日のスケジュール


杉田祐一選手は1回戦はスペインの172位Roberto Bautista-Agutと。順当に行けば2回戦で予選13シードのEdouard Roger-Vasselin(125位/フランス)と対戦。

伊藤竜馬選手は1回戦でスペインの228位Guillermo Olasoと対戦。順当に行けば2回戦でフランスのニコラ・マウ(去年のウィンブルドンでイズナーと3日間に渡って11時間以上の試合をした、あのマウです)と。

杉田選手は去年のジャパンオープン予選でこのロジャバセランに完敗しており、ふたり揃って、少し厳し目のドローになってしまいました。
が、ふたりとも昨シーズン終盤以降すごく調子がいいようなので、その勢いに乗って頑張って欲しいと思います!

杉田選手は12番コートの第5試合伊藤選手は13番コートの第1試合・現地時間午前10時(日本時間朝8時)スタートです。


大会のサイトやFacebookなど各方面で告知されていた「無料ライブストリーミング」ですが、全コートでさすがにやりはしないだろうと思っていたら、案の定3番コートのみの実施だそうです。それに並行して5番~7番コートの結果などを伝えていくとのこと。
つまり、1回戦に関していうと全くお呼びでない、ということになってしまいました。。
この先のラウンドでライストが見られるようになることを祈りつつ、明日はいつも通りライブスコアで応援したいと思います!

>>ライブストリーミングページ(参考までに)


ちなみに、例年ならとんでもない猛暑のこの時期のメルボルンですが、今年は珍しく雨の多い天候となっているようです。
事前の練習にも大きく影響が出ているようで、明日も天候によって進行に影響がでる可能性がありそうなので、観戦する方は、大会Facebooktwitterなどで情報をチェックされることをおすすめします。

----------

そして、どうか予選に滑り込んで欲しい・・・と願っていた近藤大生選手は予選入りすることができませんでした(涙)
今年は全豪後にオセアニア、アジア近辺でチャレンジャー大会が多く開催される影響か、例年よりも予選のカットインが高くなってしまったようです。

が、昨年27歳にしてチャレンジャー本戦初勝利を上げ、以来いくつか勝利をもぎ取り、最終戦の豊田チャレンジャーでは4強に入りました。
今年さらにランクを上げて、次こそは入って欲しい。
頑張れ28歳!!




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million