2回戦はアウェイどころの騒ぎじゃなく・・・!?




2回戦の相手は、予選勝者・地元インドのプラカッシュ・アムリトラジ(551位)になりました。

試合は本日現地時間午後5:05(日本時間午後8:35)スタートの、センターコートです。
(前回の記事で書き間違えてしまいましたが、チェンナイとの時差は3時間ではなく3時間半です)


インドにはダブルス巧者が多いので、彼もそのタイプなのかと思ったらどうもそうでもないようで、キャリアハイは2009年5月の154位。ダブルスも100位台前半とさほど変わりはないですね。
ところが2010年8月、右手首のケガを理由に戦線離脱。ちょうど2年後の昨年8月に復帰し、フューチャーズで優勝1回と準優勝1回を果たして、ノーランクからわずか3ヶ月でランキングをここまで回復させてきました。

これまで予選1回戦で杉田選手を破り、予選決勝ではジェームス・ウォードを、そして本戦1回戦も勝利してここまで勝ちあがってきました。
今大会のこれまでの試合のスタッツを見てみると、1stサーブの確率もそこからのスタッツもかなりよく、自分はしっかりサービスキープをしながら、チャンスを逃さず取っていくという試合運びが必須になってくると思います。
好条件としては、相手は日曜日に予選2試合をこなした後、月曜火曜と連戦が続いています。各日ともフルセットを戦っており、体力的に少し疲れも出てくる頃かもしれません。


そして昨日知ったのですが、彼の父親であるビジャイ・アムリトラジは70年代~80年代にインドのテニス界をリードした選なん手だそうで、なんと最高ランキング16位。しかもチェンナイ出身なんだそう。
前回の記事で貼り付けた大会オフィシャルアカウントによるフル動画の冒頭、解説者として登場しているのですが、なんと名前さえ出てきません(笑) それぐらいインドなら誰もが知る存在ということなんでしょうか・・・?

正直、その息子と対戦するって、アウェイどころの話ではないのでは・・・と、こちらがかなりビビってしまうのですが。。

ともかく、過激アウェイであろうとも、今日しっかり勝ってベスト8に一番乗りで名乗りを上げたいところです。


今日は加えて、ルー選手と組んでのダブルス1回戦も予定されています。


>>本日のオーダーオブプレイ




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million