今日も耐えてマラソンマッチに勝利!2回戦はデ杯前哨戦!(250チェンナイ)




ツアー250大会、チェンナイの本戦1回戦が終了しました。

vs Frederico Gil(102位) 6-2 6-7(4)7-5

今日も耐えしのんでの素晴らしい勝利です!
今日はこれまでのスコアではなく、大雑把な流れから試合を振り返りたいと思います。


【第1セット】
このセットは添田くんの「巧さ」が目立つセットでした。
サーブがとにかくよかったのですぐネットを取ったり、狙いにいくワイドのショットはことごとくライン上に入ったり、ストロークではまず負けないし、攻めもバラエティに富んでいて、はっきり言って完璧。
相手選手ジルもサーブがよく、昨日のロジェバセラン同様ファーストサーブが入るとなかなか手が付けられないのだけど、後半と比較した上で言うとの立ち上がりが悪くラリーですぐミスをしてしまっていたので、相手に昨日のような強さを感じることなく、ホントにあっさりと取ったという感じです。

【第2セット】
上のような展開は、添田くんが先にブレイクをして3-1から迎えたリターンゲームまで続きます。
ラリーで前後のボールを上手く使い分けて相手をとにかく走らせたり、攻め込まれても気の抜けるようなロブを連続で打って前に後ろにと動かしたりととにかく多彩。見ていていやらしさも感じるようなプレイで3ブレイクポイント。
これを取ったら勝ちが見えてくるビッグチャンスが訪れますが、相手の開き直ったような思い切りのいいプレイでここをしのがれ、次のゲームで添田くんも3ブレイクポイントを握られてしまいます。この試合初めて与えたブレイクポイントでしたが、これをしのぐことができず、3-3のタイに。
この辺りから相手のミスも減って長いラリーが続くようになり、力のあるボールを打ち込んでくる中で、添田くんのプレイがラリー一辺倒になってきて、タイブレークでは先にミニブレイクを許してしまい、セットを取ることができませんでした。

それまで完璧なプレイだっただけに、その3ブレイクポイントを生かせなかったことで、流れが一気に傾いてしまったように見えましたが、3-4からのリターンゲームでブレイクポイントが再び訪れるもアグレッシブな姿勢は崩さなかったところに、これまでの添田くんとは少し違う強さを感じました。

【ファイナルセット】
上の厳しい状況は続き、1-1からのサービスゲームで先にブレイクされてしまいます。
詳しくは後ほど書きますが、ここでブレイクを許してしまうと、勝つのは相当厳しいのではないかとガックリ来てしまいましたが、2-3からのリターンゲームでブレイクバックに成功!そしてその後のゲームも添田くんは苦労してキープ、相手はすんなりキープ・・・という状況に変わりはなかったのですが、やはり要所でこその攻撃的なプレイは光り、序盤見せていたような多彩なプレイも戻ってきました。
そして、迎えた6-5からのリターンゲーム。ライブストリーミングが固まったりしてどういう風にそうなったのかは分かりませんが、気が付いたら(笑)マッチポイントを迎えていて、最後は添田くんをコート外に追い出そうとした相手のボレーがアウトして2時間38分のマラソンマッチを制しました!!!
試合の最後の方は疲れからかパフォーマンスが落ちてきているようにも見えましたが、それもなんとか持ちこたえました。


試合序盤は相手にコートに慣れきっていないゆえの硬さもあったろうし、いいスタートダッシュを切ったと思います。
しかし、問題は中盤以降厳しい展開になってから立て直してどうやって勝ち切るか・・・。

上で、「ファイナルセット先にブレイクされてしまったところでガックリ来た」と書いたのは、添田くんには第1セットで先行しても第2セット取り返されてからの「逆転負け」のイメージが余りにも強かったからなのですが、昨シーズンフルセットになった試合の勝敗を調べたところ、案の定逆転負けが42%とダントツに多いことが分かりました。
フルセット試合全19回のうち8回が逆転負けで、ちなみに今日のような逃げ切り勝利は3試合。つまり、第2セットを取られると、これまで圧倒的に負けてしまっていた訳です。



しかも、この逆転負け8試合でのファイナルセットの平均ゲームを調べてみたら、2.6。先攻後攻によってゲーム数が変わるのを鑑みても、平均して1ブレイクでは済まなかった計算になります。
スコアを見ただけでもそれはすぐ分かるものでしたが、第2セットを落としたことで明らかに気持ちが切れてしまってズルズルと負けるところをライブスコアで悔しい思いをしながら何度見たことか・・・。

ということがあったので、今日もすっかり負け気分に陥っていた(添田くんごめんなさい)のですが、そういう意味でも先にブレイクされて追いつき、その後訪れたピンチを凌いだことに、これまでの添田くんとは違う強さを感じることができたのです。

中盤以降は相手の復調もあいまってかなり厳しい試合だったと思います。
(ファイナルセットのポイント率は50%と相手も同じですし)
それでも昨日書いたことに通じるのですが、どんな形でもタイスコアでゲームを進められれば、調子のいい相手でもミスをしてくれるかもしれない。形はどうであれ、勝たなければ次試合をすることもできないのです。

添田くんのテニスが飛躍的に進化しているのはここ数ヶ月大会を追うごとに感じることで、そこにプラスして、昨日や今日のような試合をもぎとる「勝ち方」を身につけることができれば、接戦をもっとものにできるようになると思います。
たった2試合だけでそれを判断することはできませんが、少なくとも自分よりも上のランクの選手相手にそれができたことは、これまで一歩一歩着実に成長してきた選手にとって大きな自信になることは間違いないはずで、自信がそれをより確かなものにしてくれるのではないかと思います。



今日の試合は本当に長かったので、2回戦にむけて明日1日休めればいいなと思っていましたが、明日試合が入ってしまいました。
予選から5日連続の試合。なんとか頑張って欲しいところです!

相手ですが、イヴァン・ドディグ(36位/クロアチア)です。

お気づきの方も多いでしょうが、クロアチアの選手・・・そう、来月のデビスカップで対戦が予想される選手です!!!

去年のジャパンオープンでとんでもなく強い選手であることを目の当たりにしてしまったので、昨日今日のような展開は望むのは酷だと思っています。
でも、着実に成長を続けている中で、今の力がこのレベルの選手にどこまで通用するのか・・・それを見ることができるのではないかと思います。

悪すぎるドロー運のおかげ?で、去年は何人ものトップ選手と戦いました。
部分的にいいプレイを見ることができたし、ツォンガとはタイブレークにも持ち込みました。でも、セットを取ることはできなかった。
だから、明日は1セット取りたいです!

試合は現地時間17:00(日本時間20:30)スタートの2試合目、日本時間21:30過ぎにはスタンバイですね。

いまさらですが、チェンナイにはライブストリーミングがあり、リアルタイムで試合を見ることができます。
http://www.hahasport.com/v-2/14/92/v-349343.html




本戦ドロー

1月4日オーダーオブプレイ

大会公式サイト




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年5月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million