ノッティンガムCH 1回戦は悔しい逆転負け




ノッティンガムチャレンジャー1回戦

vs Alex BOGOMOLOV JR.(アメリカ/86位) 7-6(6)5-7 2-6

勝ちが目の前までやってきましたが、惜しくも逆転負けです。。


この大会は公式ライブスコアがあったので、初めから見ていたのですが、第1セット0-1からのサービスゲームがデュースになったところで、ライブスコアが添田くんの試合だけ動かなくなってしまい、今大会帯同されているケアステーション 中尾さんのTwitter実況を頼りに観戦しました。

第1セットをタイブレークで取った後の第2セットは先にブレイクを許すものの、1-2からのリターンゲームでブレイクバックして2-2、双方キープでの3-3からお互いブレイクし合って4-4、5-4からのリターンゲームでマッチポイントがあったようですが、そこをしのがれて3ゲーム続けて取られて第2セットは5-7。

ファイナルセットは0-4と引き離され、そこからの2度のサービスゲームはキープするものの、最終的にそのまま2-6で敗退となりました。

リターンゲームで訪れたマッチポイントを凌がれるのは仕方がないことですが、その次のサービスゲームでブレイクされてセットを落とし、結局セットをまたいで7ゲーム続けて取られ、逆転が難しい状況になってしまいました。。


この3連続ブレイクを許してしまったのが少し気になります。
体力面という以上に、マッチポイントが来ながら勝ちきることができなかったことで、気落ちしてしまった部分があるんでしょうか・・・。
時々こういう負け方があるのが気になりますが、逆にマッチポイントを凌いで逆転勝ちすることだってあります。

去年のこの大会で準優勝しており、ポイントの失効が大きく、132位付近まで順位を下げることになりますが、ポイントのことばかり気にしていても仕方がありません。
気持ちを切り替えて来週に向けて練習&トレーニングに励んで欲しいと思います。

来週は同じく芝の大会で、ツアー250のロンドンに本戦から出場します。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million