本人ブログが「週刊 添田豪」に/シンガポールCHドロー




添田くんから、ブログを今度から毎週日曜の週イチ更新にすると報告がありました。
(というか、タイトル「週刊 添田豪」なんてウマいな~w)


ただでさえ情報が入ってこない海外転戦で、試合の展開や調子などが分かるほぼ唯一の情報源であった本人ブログが更新されなくなるのは、楽しみがひとつ減ってしまうようで正直すごく残念です。。
でも、何か思うところがあってのことなんだろうし、その時間にできることもあるだろうと思います。その判断を支持し、その分を内容を充実させるとのことなので、毎週日曜を楽しみに間違いと思います(^^

このブログも試合期間中は本人報告を参考に記事を書くことが多かったので、正直どうしよう・・・というのもあるし、余り推測が先行しないように気をつけなければなりません。


ブログにもありましたが、シンガポールに移動後、練習を行っていたSanwa Tennis Academyがその練習風景をyoutubeにアップしていたので、紹介したいと思います。


テニススクールとかレッスン目的でプレイをよくスローモーションでアップすることがあるようですが、今回もそれ・・・(^^;
もちろんこんなレベルでテニスはできないけど、自分の中での課題を照らし合わせて参考になる部分も沢山あるし、プレイの躍動感は一切感じられませんが、今年これまで一度も動いているプレイを見れていなかったので、まぁいいかな。


ところで、添田くんがテニスマガジンで毎月コラムを連載しているのをご存知ですか?

以前はテニスジャーナル誌上だったのですが、1年ぐらい前からテニマガに移り、私もまんまと購読する雑誌をこれに切り替えています(笑)
その最新号である3月号で、こんなことを書いています。

今の僕自身の目標というか、欲求は、「一つ上のレベルで試合がしたい」ということです。
常にグランプリ(ATPツアーのことですね)で戦いたい、常に強い相手と戦いたいという、テニス選手としての欲望です。
(略)もう一つ、一年間を通しての目標が、「一日一日うまくなっていきたい」ということです。


そして、今回の遠征に帯同している浜浦トレーナーのブログには、こんなコメントが載っていました。

毎日が充実している。1日を全力で過ごしていることで、朝が来るのが楽しみでならない

この1日1日を大事にしていくという姿勢が、今の添田くんの心境なんでしょうね。


ブログやら連載やらインタビューやらから持つ印象として、あくまでも推測ですが、都度都度自分に細かな課題や目標を設け、一つ一つクリアする中で一歩一歩着実に階段を上っていくような、そういった地に足の付いた選手活動を求めているのかな、という印象があります。

2008年に破竹の勢いでチャレンジャー4勝し、年初210位台だったランクを1年で一気に100位手前まで上昇させましたが、その反動で翌年前半に心身ともに不調に陥ってしまった反省もあるのでしょう。
勢いでもって一気に上に駆け上がれるのはいいことですが、それだけでは長い選手生活やってはいけないし、時間はかかるかもしれないけど、本当の強さを身に付けられれば自ずと結果は付いてきます。

全然関係ない話なのですが、私自身も性格的に何かビジョンを持ってとか将来を見据えて・・・というのがどうも苦手で、日々の積み重ねの先にこそそういうものがあると思って生活しています。だからそういう考えにものすごく共感してしまうのです。

119位という今のランクでは、ほとんどのツアーに予選からでないと出場できません。
ここで勝ったり負けたりしながら、少しずつランクを上げて、実力の上でもツアーに定着できるように、毎日を精一杯頑張って欲しいと思います!


--------------------

なんだか諸々と長くなってしまいましたが、火曜日から本戦のシンガポールチャレンジャーの本戦ドローが発表になりました。

当初第2シードだった選手の欠場により、添田くんが第2シードとなっています。
1回戦は予選勝者との対戦で、順当に勝ちあがれば準々決勝で伊藤竜馬選手と対戦です!

1回戦の相手が決まり次第、また掲載したいと思います。

>>本戦ドロー
>>大会公式サイト




この記事と関連した記事

コメント(2)

  1. このスローモーション、ははは、躍動感はないけどっておもろい。
    でもほんと。当たり前のこと何だけど、ちゃんと打つ前にスプリットステップ踏んで、バックハンドで打つときは軸足をきちんと前に踏み込んで、ボールを前で捕らえるとか・・・スローだとそれがきちん目に見えてわかりますね。参考になります。

    ポイントを取れば、もちろんランクは上がるけど、1年でそのポイントがなくなる。勝ち続ける難しさですよね。ポイントを貯める気ならば、一つ下のランクでプレーすればいいけど、上にあがるってことはもっと厳しい条件で闘わないといけない・・・。そこでポイントを取るって想像以上に大変。
    でも添田君ならできる。毎日朝が来るのが楽しみ、っていい言葉。
    がんばれ~!

    タツマ君との対戦。みたい!
    まずは1回戦から、一つづつ。

    Reiko In FL

  2. この動画で一番気にして見たのは体のどの位置でボールを打ってるか、ですね。
    目下、打つべき所で打てるようにするというのをテーマにしてまして、
    自分が「ここか!」と思ったまさにその場所で打っているので、この上なく
    参考になりました(^^
    (やはりコーチとかに言われるよりも、好きな選手の動画の方が全然説得力が・・・w)

    「毎日朝が来るのが楽しみ」ってそれだけ日々頑張ってるからこそ言える
    言葉ですよね。
    その努力が、ホントに報われて欲しいと思います!

    sabumasa

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million