豊田チャレンジャー 本戦ドロー発表/訂正とお詫び




豊田チャレンジャーのシングルス本戦ドローが発表になりました。
http://www.dunlop-tennis.jp/pdf/d02.pdf

ここで前回上げた記事の内容について、訂正とお詫びをしなくてはなりません・・・。
前回の記事はこちら

シングルス優勝時の獲得ATPポイントが、55ではなく80だったのです。。
この25ポイントというのは、記事を書く上でものすごく大きな違いなので、伏してお詫びするとともに、その間違いの原因が大会公式サイトの誤った記載によるものであることだけは言わせてください・・・。

公式サイト内「大会案内」より


言い訳めいた話になりますが、もともと賞金が同じ他の大会のポイントを見て「優勝すれば80ポイントか」とそのつもりで記事を書いていたのだけど、サイトに55ポイントと書かれていたので「賞金が同じでもポイントが違うなんてことがあるのか~」と内容を書き直してアップしたのです。

前回の記事を読んで観戦の参考にしようと思ってくださった方もいるかもしれないので、正しいポイントに訂正した上で「見どころ」の部分を書き直して改めてアップすることにしました。

この間違いはものすごく重大だと思うので運営側に指摘の連絡を入れようと思ったのだけど、サイト内に連絡手段が全く載っていません・・・。ブログもやっていないようだし、テニスの大会運営ってこんなものなんでしょうか・・・?
お知り合いに大会関係者がいる方、その旨を伝えていただくか、連絡先を教えていただけるとありがたいです。


■豊田/愛知県 (チャレンジャー Carpet $35,000 +H)
公式サイト http://www.dunlop-tennis.jp/index.html

改めて男子シングルス獲得ポイント
W 80
F 48
SF 29
QF 15
2R 6


sabumasa流 今大会の「見どころ」
(訂正・情報追記箇所は赤下線文字にしてます)

添田くんは現在467ポイント、122位です。
来週月曜日に去年の慶応チャレンジャーベスト4・27Pの失効がありますが、来週優勝できれば520Pとなり、108位付近に浮上します。
このランキングでは全豪本戦ストレートインは上位選手の動向次第という実に微妙なところだと思いますが、もし本戦に入れなかったとしてもこの順位であれば予選のひと山8ドローの中で第1シードとなることは確実で、年明けから2ヶ月以上大きなポイントの失効がないので、来年のスタートダッシュ次第で100位突破が充分可能なポジションに付けることができます。

・伊藤竜馬 (現在257P、196位)
去年のこの大会で準優勝しており、去年の慶應分と合わせて51ポイントの失効大幅なポイント失効となるため、決勝まで上がれてなんとかとんとん。言い換えると、準決勝以下で負けてしまうと、今季100位台でフィニッシュすることができません

・杉田祐一 (現在230P、214位)
去年の慶應・豊田で獲得したポイントは19Pですが、先週・今週とフューチャーズで優勝して36Pを獲得。月曜日付けのランキングで205位付近に浮上し、11/29付のランキングで203位付近(来週の結果をふまえない最低順位)に浮上することがすでに決まっています
来週ベスト8入りすれば100位台への復帰はほぼ確実で、伊藤選手の結果によってはそのランキングを抜くこともできます。杉田選手は全日本から3週連続優勝!そろそろ体力的にキツくなってくる頃でしょうが、勝ちまくってるゆえの勢いもあるでしょうね。

・鈴木貴男 (現在137P、313位)
去年の慶應で優勝しており、豊田分と合わせると失ポイントは80。今大会の優勝ポイントと同じなので、現在のポイントを守るためには優勝するしかありません
貴男さんの選手としてのモチベーションは高いステージで試合をすることにあるような気もするし、このランキングで全豪の予選に入れるのかはなんとも微妙な気もしますが、なんとか頑張って欲しいです!

・近藤大生 (現在115P、361位)
去年の慶應・豊田で獲得ポイントがなく、貴男さんの結果次第ではそのランクを抜くことができます。もう少しランキングを上がればアジア近辺のチャレンジャーであれば本戦から直接出られるようになります。
愛知は近藤選手の地元なので、地元パワーに期待したいところです!

・守屋宏紀 (現在106P、387位)
去年の豊田分失効が6Pありますが、今週出場中のフューチャーズでベスト4、相殺するとその影響はほぼ皆無となりました。キャリアハイは382位と目前で、このあたりのランクは数ポイントに何十人もひしめきあっているエリアなので、来週1回でも勝てればそれを突破できる可能性があります。


ちなみに、これは先ほど発表になったドローの内容を全く踏まえていません。上に書いた選手が順当に勝ち上がったとして、貴男さんは準々決勝で添田くんと当たるし、伊藤選手は準決勝で添田くんと当たります。
ファンブログ主としてはもちろん添田くん優勝を望んでいるので、そのあたりの矛盾はご容赦くださいということで(笑)、添田くんの1回戦は予選勝者と対戦になったので、決まった時点でまたアップすることにします。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million