特徴的な敗退(2012サラソタチャレンジャー)




先ほど、サラソタチャレンジャー2回戦が終わりました。

vs マイケル・ヤニ(178位/アメリカ) 3-6 4-6

2回戦敗退です。。


しり上がりに調子を上げる相手選手に対して、苦労しながらキープを続けていた添田くんは、第1セット後半からキープができなくなり、結局この試合10度のサービスゲームで4度しかキープができませんでした。もちろんブレイクもしているのですが、サービスゲームでのスタッツが全体的によくなく、ブレイクポイントを与えたゲームは1度もキープできませんでした。
これで勝つのは難しかったと思います。


常にベストのプレイができる訳でもないし、こういう日もあるでしょう。
さあ、切り替えて次へ!!! ・・・と行きたいところなんですが、添田くんの戦歴をチェックしていて、勝敗を左右する大きな傾向があることに気がつきました。

3セットマッチに限定して調べてみたのですが、

今季、第1セットを取った時の勝率 100% (25戦25勝)
今季、第1セットを落とした時の勝率 0% (7戦7敗)

もう少し細かく書いてみると、第1セットを取った試合全25試合のうち、2セットで勝った試合は20回、フルセットを制して勝ったのが5回。つまり、第1セットを取った試合では今年1度も負けていないんです。
逆に、第1セットを落とした試合は7試合あるのですが、その全てでフルセットに持ち込むことなく2セットで負けています。

ちなみに去年は、第1セットを落とした試合は20回ありましたが、そのうち2セット負けが13回、フルセット負けが2回、逆転勝利が5回。負けは多いですが、全く勝っていない訳ではない。

もちろん、その日の調子にも寄る部分はもちろんあるでしょう。でも、調子がよくないから必ず負けるかというとそんなことはないだろうし、セットの中でなんとか立て直して勝ちに繋げてきた試合も沢山あると思います。
でも、ここまではっきりした数字として見ると、何か原因があるのではないかと思わずにはいれません。


今季の好調の理由を考えると、プレイスタイルの変化に尽きると思いますが、ライブストリーミングを見ていて、それにはまだ波があるようにも見えます。
細かな違いはもちろん分かりませんが、ストロークで相手を追い詰めてどんどんネットを取ったりする攻撃的プレイに精密性が加わって初めて成立するリスクの高いテニス、あるいは脆さのあるテニスであるようにも思えます。日々によって微妙に異なる調子やそれを支える積極性(逆に消極性)の影響も大きく受けるでしょう。
去年と今年の数字を比較すると、今季の好調の影の部分を垣間見れるような気がします。

逆に言うとそれが克服できたら、もうとんでもないことになるでしょうけどね(笑)


こういうのを分析する言葉を持っている人が説明すると、とても納得できるようなものが出てくるのでしょうが、どうもそういうのは得意でないのですが、ともかく今日の負けにそんなことを考えてしまいました。

来週はまたハードコードに戻って、台湾の高雄チャレンジャーに出場です。




この記事と関連した記事

コメント(3)

  1. 添田さんは2月10日にビーンズドームで行われたデビスカップクロアチア戦で、イワン・ドディグに、6(3)-7、3-6の2セットダウンから、奇跡の逆転勝利を奪っています。1981年にワールドグループ制が導入されてからの日本の初勝利。歴史的な快挙でした。
    本当に感動的な試合でした。
    従って、今季、第1セットを落とした時の勝率 0%ではありません。
    私はあの試合を見てから添田ファンになり、こちらにも時々寄らせていただいています。

    サンマ

  2. サンマさん

    いつもコメントありがとうございます。
    あの試合は私もこの目で見ており、余りにも劇的な展開でしばらく放心してしまったほどなので、もちろん覚えております。

    それが添田くんの実力であると思う一方、非常に特殊な条件のもと行われた試合だったとも思っています。
    ということで、記事には「3セットマッチに限定して調べてみたのですが」と入れておりますよ。

    sabumasa

  3. なるほど3セットマッチの試合ですね。失礼いたしました。
    すいません、見落としてしまいました。

    サンマ

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million